2022-06-11

1700応用理学一般

小惑星リュウグウの起源と進化- 地球化学総合解析による太陽系物質進化の描像

2022-06-10 岡山大学 研究成果の概要 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」の探査対象であった小惑星リュウグウから回収された 16 粒子を用いて、詳細な地球化学総合解析を行いました。その結果、小惑星物質試料が太陽系形成前から現在に至...
1701物理及び化学

小惑星のサンプルは、化学的に原始的な太陽系物質を研究する機会を提供する。(Asteroid samples offer chance to study chemically pristine solar system materials)

2022-06-09 ワシントン大学セントルイス 「はやぶさ2」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運用する小惑星サンプルリターンミッションで、小惑星「リュウグウ」を調査したものです。リュウグウのような炭素質小惑星は、鉱物、氷、有機化合...
1701物理及び化学

宇宙飛行士が「暗い」フリーフロー型ブラックホールを発見した可能性(Astronomers may have detected a ‘dark’ free-floating black hole)

2022-06-10 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) カリフォルニア大学バークレー校の天文学者が率いるチームは、遠くの星がその星の強い重力場によってゆがんで明るくなる様子、いわゆる重力マイクロレンズを観測することで、自由に漂って...
1700応用理学一般

永久運動が可能に -アールト大学低温研究所の科学者たちは、物理法則を曲げる2つの時間結晶の相互作用を観察した(Perpetual motion is possible – Scientists at Aalto University’s Low Temperature Lab observed the interaction of two time-crystals that bend the laws of physics)

2022-06-10 フィンランド・アールト大学 ・時間結晶は、外部からエネルギーを入力することなく、粒子が永久に繰り返されるサイクルで動く物質の相である。 ・研究者らは、アールト大学の低温研究所で2つの時間結晶を作成し、その相互作用を...
1202農芸化学

試験管の中の菌が「トウモロコシ黒穂病」を治す最初のステップに(Fungus in a test tube first step to curing ‘corn smut’)

2022-06-09 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(URC) 研究者たちは、「トウモロコシ黒穂病」を研究するために、実験室でトウモロコシの植物のメイクアップを模倣し、この病気の治療法を見つけるための扉を開いた。 「トウ...
ad
タイトルとURLをコピーしました