2022-06-29

1702地球物理及び地球化学

近い将来に世界複数の地域で過去最大を超える干ばつが常態化することを予測

2022-06-28 東京大学 干ばつが地球温暖化の影響により今後どのように変化していくかについての知見は、地球温暖化に対する長期的な対策を検討するために重要な判断材料となります。特に水資源や農業、エネルギー分野においては、従来の統計...
0500化学一般

世界初、「有機潮解」現象を実証~VOC(揮発性有機化合物)回収技術への発展に期待~

2022-06-29 東京大学 〇発表者: 石井 和之(東京大学 生産技術研究所 教授) 横森 慶 (研究当時:東京大学 大学院工学系研究科 修士課程2年) 村田 慧 (東京大学 生産技術研究所 助教) 中村 誠司(東京大学 ...
1700応用理学一般

2次元物質の電子構造の直接観測~原子層の数の偶奇で大きく変わる性質を発見~

2022-06-29 東京大学 1.発表者: 坂野 昌人(東京大学 大学院工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター 助教) 増渕  覚(東京大学 生産技術研究所 特任准教授) 田中 佑磨(研究当時:東京大学 大学院...
1700応用理学一般

放射光の時間構造をアト秒精度で制御

2022-06-28 分子科学研究所 概要 九州シンクロトロン光研究センターの金安達夫副主任研究員、名古屋大学シンクロトロン光研究センターの高嶋圭史教授、真野篤志技術職員、富山大学の彦坂泰正教授、広島大学放射光科学研究センターの加藤政博...
1701物理及び化学

中性子寿命の謎に挑む物理学者たち(Physicists confront the neutron lifetime puzzle)

2022-06-28 オークリッジ国立研究所(ORNL) 中性子が原子核の外でどのくらい「生きる」ことができるかという長年の謎を解くために、物理学者たちは、我々の左巻き宇宙の右巻きバージョンの存在を仮定した、荒唐無稽だが検証可能な理論を提...
1701物理及び化学

銀河系中心域の除菌装置(A sanitizer in the galactic centre region)

2022-06-28 マックス・プランク研究所 ボンにあるマックス・プランク電波天文研究所のアルノー・ベローチェ率いる研究者たちは、この度、初めて星間空間にイソプロパノールの分子を検出しました。この分子は、天の川銀河の中心付近にある大質量...
ad
タイトルとURLをコピーしました