天の川銀河の腕間にて巨大フィラメント状ガス雲を発見、そして星団形成の起源を解明!

ad
ad

2022-03-29 国立天文台

概要
私たちの太陽系は、天の川銀河(銀河系)と呼ばれる数千億個の星の大集団に属しています。天の川銀河は直径10万光年の広がりを持っていて、円盤状の構造をしています。夜空で淡い光の帯としてみることのできる天の川は、この天の川銀河の円盤方向にあるたくさんの星の光を重ねて見たものです。従来、太陽より10倍以上の重さを持つ大質量星は星の材料である星間ガスが集まっている天の川銀河の渦巻き腕の中で誕生すると考えられてきました。しかし、近年の位置天文衛星 Gaia[2] の観測結果から渦巻き腕と腕の間の領域にも大質量星が存在することが示され、その存在が注目されています。その腕間にある大質量星がどのようにしてできたのかを解明するため、研究グループでは野辺山 45m 電波望遠鏡を用いて、天の川銀河の腕間に位置する大質量星形成領域「こぎつね座[1] OBアソシエーション」に対する大規模な分子ガス雲の観測を行いました。その結果、この領域で長さ 100光年にわたる巨大フィラメント状分子ガス雲の存在を初めて明らかにしました。さらに、この領域に付随する分子ガス雲の解析から、フィラメントを含むガス雲同士の衝突が、若い星団を生み出すきっかけになったと考えられます。このように腕間に位置する局所スパーで、ガス雲の衝突が若い星団を生み出すことが明らかとなったのは本研究が初めてです。

タイトルとURLをコピーしました