地球が見える 2020年 進路予測が難しかった2019年台風10号

ad
ad

2020-03-05   JAXA

気象庁は2020年2月26日に「2019年の台風について(確定)」に関するお知らせを発表しました。その中で述べられているように、2019年は、令和元年房総半島台風(第15号)が房総半島を中心に暴風による被害をもたらし、また、令和元年東日本台風(第19号)が東日本や東北地方を中心に大雨などによる被害をもたらすなど、台風が日常生活に大きな被害をもたらした年でした。

一方で、上記のお知らせの中では、気象庁の台風進路予報の精度が長期的にみれば向上していることが述べられています。しかしながら、本稿で2019年台風10号に注目する理由は、この台風の進路予測が難しかったからです。

台風10号は、日本上陸に伴い、日本の各地で災害が発生し、死者2名、負傷者56名の大きな人的被害がありました。また、各地で記録的な降水量が記録されました。アメダスの観測によると、静岡県で1時間降水量が64mm(8月15日)を記録したほか、高知県では、24時間積算雨量が最高620mm(8月15日)、期間降水量が872mmを記録しました。(内閣府防災情報のページによる)

図1は台風10号の経路図です。台風10号は2019年8月6日にマリアナ諸島付近の海域で発生し、国際名KROSAと名付けられました。その後、勢力を保ちながら北西に向かって移動しましたが、8日から11日にかけて太平洋上で動きが遅くなり停滞ぎみになりました。その後、11日以降は、勢力を保ちながら再び北西に向けて動き出しました。図2は13日に日本列島に近づきつつある台風10号を全球降水観測計画(GPM)主衛星搭載二周波降水レーダ(DPR)により、降水の3次元観測を行った結果ですが、台風に伴う渦状の強い降水が観測されています。台風10号はその後、15日に広島県呉市付近に上陸しました。その後は中国地方を縦断して日本海へ抜け、16日に北海道の西で温帯低気圧に変わりました。

JAXA/EORC台風データーベース

図1 JAXA/EORC台風データーベースで提供している2019年台風10号の経路図。

全球降水観測計画(GPM)主衛星搭載二周波降水レーダ(DPR)による台風10号の降水3次元観測結果(2019年8月13日12:57 (世界標準時))。

図2 全球降水観測計画(GPM)主衛星搭載二周波降水レーダ(DPR)による台風10号の降水3次元観測結果(2019年8月13日12:57 (世界標準時))。

この台風10号が8月8日から11日にかけて太平洋上に停滞していた期間、気象庁の台風進路の予測は大幅に修正されていきました。台風の初期の段階(6日付近)では、台風10号は北東に進んで日本の東海上を通過すると予測されていました。しかし、日が経つにつれ台風10号の予測進路が西寄りに修正され、9日に気象庁が発表した進路予報では、日本への接近が予測されました。その後、進路予報がようやく定まり、最終的に西日本を直撃する予測となりました。

本稿では、この台風10号を対象に、JAXAが東京大学及び理化学研究所と共同で開発した、衛星データと気象モデルを融合するシステム「NICAM-LETKF JAXA Research Analysis (NEXRA)」のデータを使用し、台風進路に影響を与える要素についての解析を行った結果をご紹介します。現在、JAXA/EORCのウェブサイトで、NEXRAによる日々の気象予測情報「世界の気象リアルタイム」を公開しています。NEXRAの詳細は、2018年11月14日の「地球が見える」に掲載された「世界の気象リアルタイムの開始とそれを実現した最先端技術」をご覧ください。

■ 台風10号の早期進路予測はできる?できない?その理由は?

台風の進路は様々な要因により決定されます。特に台風10号のように、しばらくの期間、太平洋上に停滞した台風の場合は、周囲の気象場の微妙な変化によって予測される進路が大きく変わることがあり得ます。台風10号の進路予測がなぜ難しかったのかを解明し、今後の台風予測改善に役立てることができれば、精度の高い台風進路予測が可能になり、災害の軽減につなげることができます。このため、NEXRAを用いて100個の初期値を作成し、JAXAのスーパーコンピューター(JSS2)上で100個のパラレルワールドのシミュレーションを実施しました。これらのシミュレーションデータを利用し、台風10号の進路と周囲の気象場の環境にどのような関係があるかを探りました。ここでは、この100個のパラレルワールドそれぞれを「メンバー」と呼びます。

まず、100個のパラレルワールドでの進路予測の結果を示します。図3は2019年8月8日00時(以下、すべて世界標準時)から8月11日00時まで、一日おきに予測を開始した100個のパラレルワールドデータにおける台風10号の進路です。それぞれの初期値(予測の開始時刻)から予測された台風の経路はメンバーごとにばらつきがありますが、予測の開始時刻が後になるほど台風の進路が西寄りになることが示されています。これらの結果をまとめると、以下のようになります。

  • 8日の初期値:日本に直撃しそうなメンバーはわずかしかありません。ほとんどのメンバーは、そのまま太平洋を北東に遠ざかっていきます。
  • 9日の初期値:8日の予測とガラリと変わりました。多くのメンバーで台風が日本を直撃するようになり、いくつかのメンバーではそのまま北東に進んで太平洋から遠ざかるものもあります。
  • 10日・11日の初期値:全てのメンバーは日本を直撃するようになり、四国付近に上陸する予測となりました。

NEXRAの100個のメンバーによる台風進路の予測。初期値は(a) 2019年8月8日00時, (b) 2019年8月9日00時, (c) 2019年8月10日00時, (d) 2019年8月11日00時(すべて世界標準時)。

図3 NEXRAの100個のメンバーによる台風進路の予測。初期値は(a) 2019年8月8日00時, (b) 2019年8月9日00時, (c) 2019年8月10日00時, (d) 2019年8月11日00時(すべて世界標準時)。

タイトルとURLをコピーしました