2000原子力放射線一般

0505化学装置及び設備

核廃棄物処理のスピードアップにはサイズが重要(Size Matters for Speeding Up Nuclear Waste Cleanup)

革新的な分離技術は、幅広い産業分野での利用が期待される Innovative separation technology may have broad industrial uses 2022-05-12 アメリカ・パシフィック・ノース...
2000原子力放射線一般

目に見えない小さな粒子1個から隠した核活動を見つけ出す~超極微量プルトニウムとウランの同位体組成分析技術にIAEAが期待~

2022-03-30 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 国際原子力機関(IAEA)は原子力施設の壁や床等を拭き取ったサンプルに含まれるウランとプルトニウムの同位体組成を分析することで、その施設で公に知られていないウラン...
2000原子力放射線一般

大強度加速器×超高精度”温度計”で原子核を作る力に迫る

風変わりな原子からのX線の測定精度を飛躍的に向上 2022-03-28 日本原子力研究開発機構, 中部大学, 立教大学, 東京都立大学, 理化学研究所, 東北大学, 大阪大学, 高エネルギー加速器研究機構, J-PARCセンター 【発表...
2000原子力放射線一般

超高出力レーザー用ホログラフィックプラズマレンズの開発(Holographic plasma lenses for ultra-high-power lasers)

2022-03-14 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 世界最高エネルギーのレーザー装置である国立点火施設(NIF)では、増幅器、ミラー、波長変換器、集光レンズなど、一連の複雑なガラス光学系がレーザー光を強化し、目的地...
2000原子力放射線一般

究極の原子核をつくるには~超重元素の「安定の島」に向けて前進~

JAEAのタンデム加速器で得られる入射核をアクチノイド原子核標的に照射し、「多核子移行反応」で生成される様々な複合核の核分裂によって飛び出す核分裂片の角度分布の分析から角運動量を決定することに成功しました。
2000原子力放射線一般

世界初!あらゆる物質中の放射線の動きを原子サイズで予測

放射線の原子サイズ(約1ナノメートル)における複雑な動きをあらゆる物質中で予測し、放射線影響を原理から予測できる飛跡構造解析コード「ITSART」を開発しました。
2000原子力放射線一般

地下深部の割れ目の水の流れやすさに関わる法則性を発見~地層処分における地下調査の効率性の向上などに役立つ新知見~

地下深部の割れ目の水の流れやすさ(透水性)には法則性があり、岩石にかかる力と岩石の硬さ、そして割れ目のかみ合わせの程度の3つの要素の組み合わせによって普遍的に決まる透水性の上限が存在することを見出しました。
2000原子力放射線一般

材料が溶ける不思議”多成分系での共晶溶融現象”を解明~未知物質である福島第一原子力発電所の”燃料デブリ”の性状予測への第一歩~

“固体金属ジルコニウム”と“ステンレス鋼と炭化ホウ素の高温金属融体”を用いて、多成分系での共晶溶融現象を、実験・理論の両面から検証しました。今回用いた多成分系での共晶溶融について、拡散の速い軽元素成分(ホウ素や炭素など)が、重元素成分に先行して反応境界面に熱力学的に安定な相を形成し、その後の共晶溶融反応の進行に大きな影響を与えることを解明しました。
2000原子力放射線一般

1Fの格納容器内にたまった水の中で金属材料はどう腐食するのか?

放射線環境下での腐食によるトラブルの発生の可能性や対策方法などを検討するうえで重要な、①海水混入系ラジオリシスデータベース、②放射線環境下腐食データベース、③腐食調査票データベース、からなる「放射線環境下での腐食データベース」を構築した。
2000原子力放射線一般

国際原子力機関(IAEA)と共同で実施した分析機関間比較(ILC)の報告書の公表

IAEAが、2017-2020年(第2期)の実施結果をまとめた報告書及び本事業の紹介動画を公表した。
ad
タイトルとURLをコピーしました