実務技術者のためのレーダ雨量計講座

ad
ad

2019-03-28 更新(河川情報センター)

ad

実務技術者のためのレーダ雨量計講座

レーダ雨量計による降雨観測の仕組と、全国にある国土交通省 水管理・国土保全局のレーダ雨量計(Cバンド26基、Xバンド39基)の降雨観測結果を合成して作成する合成レーダ雨量について説明します。

 レーダ雨量計による降雨観測

1.レーダ雨量計の観測原理

2.レーダ雨量計の観測範囲

3.受信電力Prと位相差Φdpの測定

4.レーダビームの遮蔽

5.非降水エコー

6.運用仰角

 雨量強度Rrの解析

1.レーダ方程式

2.Z-R関係による雨量強度の算出

3.Kdp-R関係による雨量強度の算出

4.偏波パラメータの利用

 レーダ雨量計の観測特性

1.周波数特性

2.高度特性と距離特性

3.観測値の特性

 レーダ雨量の合成

1.Cバンドレーダオンライン合成雨量

2.CバンドMPレーダ・XバンドMPレーダ合成雨量(XRAIN)

 レーダ雨量計の利活用

1.防災情報の提供

2.災害の監視

3.レーダ雨量を用いた洪水流出予測

4.道路交通情報

5.レーダ雨量による洪水危険度情報の配信

 レーダ雨量データのデータベース化

1.データベース化の意義

2.データベース化が可能なデータ

3.研究目的でのレーダ雨量計観測データの蓄積・公開

 その他のレーダ雨量計関連技術

1.フェーズドアレイ気象レーダ

タイトルとURLをコピーしました