レーダ雨量計の利活用

ad
ad

2019-03-28 更新(河川情報センター)

ad
ad

レーダ雨量計の利活用

レーダ雨量計全国合成システムやXRAINでは、定量的に精度の高い合成レーダ雨量をオンラインで配信したり、オフラインの水文データとして保存することが可能となりました。
これにより、洪水予測やダム管理支援などに使用するオンライン活用、河川計画流量検討や洪水再現検討等のオフライン活用など、正確な雨量強度とその分布が求められるというレーダ雨量の特性を生かしたさまざまな利活用が期待されます。
以下、レーダ雨量計ならではの雨量情報活用の事例として、防災情報の提供、災害の監視、洪水流出予測、道路交通情報、洪水危険度情報の配信について紹介します。

 1.防災情報の提供

合成レーダ雨量は、川の防災情報や国土交通省の統一河川情報システム・防災情報提供センターの防災情報のひとつとして配信されています。


【図1】 川の防災情報画面
http://www.river.go.jp/kawabou/ipTopGaikyo.do

 2.災害の監視

レーダ雨量を用いて台風や発達した低気圧の接近に伴う雨域の移動を示すことにより、災害の監視情報として活用することができます。
図3は、2017年7月5日の九州北部豪雨の際のレーダ雨量です。筑後地方から大分県に延びている強雨域をしっかりと捉えていることがわかります。

タイトルとURLをコピーしました