1900環境一般

1900環境一般

地球上のごく一部の地域が、人類の大部分に重要な自然の恩恵をもたらしている(Small percentage of globe provides critical natural benefits to most of humanity)

わずかな割合の土地と沿岸海域を維持・保全することで、世界人口の大部分に対して、人間への自然貢献の90%近くを確保することができます。Maintaining and conserving a small percentage of land ...
1900環境一般

海を肥やして二酸化炭素を貯める(Fertilizing the Ocean to Store Carbon Dioxide)

鉄系肥料をナノ粒子に加工し、余分な二酸化炭素を海に貯留することに成功(Iron-based fertilizer, engineered into nanoparticles, could help store excess carbon ...
1900環境一般

リン制限により熱帯林の総生産量は従来の予測より36%減少~陸域の炭素収支モデルの予測精度向上に貢献~

2022-11-24 国際農研,高知大学,西シドニー大学 ポイント 世界4大陸の熱帯林から得られた実測データを基に、熱帯で不足しがちなリンが光合成をどの程度制限しているのか解明 リンが光合成を制限する現象を考慮すると、全世...
ad
1900環境一般

気候が河川からの炭素放出に大きな役割を果たすことが判明(Climate plays large role in carbon release from streams, researchers find)

2022-11-22 ペンシルベニア州立大学(PennState) 技術者チームは、河川を流れる水の量である「流出量」と気候そのものが大きな影響を与える可能性があることを突き止めた。 サイト横断的な分析を行うために、研究者らは、米国本土...
1900環境一般

“未来の無人運転車は、人の健康に悪影響を及ぼす可能性がある”(“Driverless vehicles of the future could have an adverse impact on human health”)

2022-11-09 スウェーデン王国・王立工科大学(KTH) 将来、自律走行車が道路で一般的になれば、徒歩や自転車で移動する人が減り、排出ガスが増加することが、新しい研究調査で明らかになりました。 「学校や近所のスーパーマーケットなど...
0100機械一般

エネルギーとコスト削減の道を歩むバイオ燃料(Biofuel on the road to energy, cost savings)

アルゴンヌは、米国の研究所と共同で、さまざまなエンジンタイプに対応する有望なバイオ燃料を特定する研究を行っています。 Argonne collaborates with U.S. laboratories on research to i...
1900環境一般

別府湾海底堆積物が語る過去75年間(1940年〜2015年)の海洋マイクロプラスチック汚染状況の変遷

2022-10-11 愛媛大学 このたび、愛媛大学・日向博文教授(理工学研究科)、加三千宣准教授(沿岸海洋科学研究センター)、畑田佳男講師(理工学研究科)、笠毛健生特任助教(理工学研究科)、松山大学・槻木玲美教授(法学部)、静岡県立大...
1900環境一般

何かが空気中に漂っている。それはナノプラスチック汚染(Something’s in the air: It’s nanoplastic pollution)

配管補修技術の普及により、ナノプラスチックが大気中に放出されることが判明 Widespread pipe repair technique sends nanoplastics into the atmosphere, new study...
1900環境一般

カーボンの大きな足跡を検証し、追跡する。(VERIFI-ing and tracking carbon’s big footprint)

2022-10-03 オークリッジ国立研究所(ORNL) A new online tool developed by ORNL researchers, VERIFI, provides an easy to use dashb...
1900環境一般

クリーンな水素:難燃性セクターへの待望のソリューション(Clean Hydrogen: A long-awaited solution for hard-to-abate sectors)

重工業/重輸送の脱炭素化におけるクリーンな水素の価値をモデル化した「Nature Energy」誌の新しい研究成果 New research in Nature Energy models the value of clean hydro...
1900環境一般

航空業界は気候変動への対応を見直す必要がある(The Aviation Industry Needs to Overhaul its Response to Climate Change)

カリフォルニア大学サンディエゴ校によるNature誌のコメント記事は、主要な汚染物質に対する「目覚め」の役割を果たします。 Nature comment piece from UC San Diego serves as a “wake-...
1900環境一般

山火事の煙が北極圏の植物プランクトンの成長を加速させた可能性(Wildfire Smoke May Have Amplified Arctic Phytoplankton Bloom)

2022-09-19 ノースカロライナ州立大学(NCState) ノースカロライナ州立大学とカナダのタクビック国際研究所(CNRS/ラヴァル大学)は、シベリアの森林火災の煙が北極海に十分な窒素を輸送し、植物プランクトンのブルームを増幅させ...
ad
タイトルとURLをコピーしました