1902環境測定

1902環境測定

土壌中のナノプラスチック濃度の測定技術を開発~地圏環境中に拡散したプラスチック粒子量分布の把握に貢献~

2024-06-14 産業技術総合研究所 ポイント 紫外可視分光光度計を用いて、土壌中のプラスチック濃度を簡便に測定する技術を開発 従来法では検出が困難だった大きさ1 µm以下のナノプラスチックに対応 地圏環境中のナノプラスチック量分布を基...
1902環境測定

異常気象の年、二酸化炭素濃度はかつてないほど急上昇(During Year of Extremes, Carbon Dioxide Levels Surge Faster than Ever)

2024-06-06 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) March 2024 saw the largest year-over-year increase in monthly average CO2 concentratio...
1902環境測定

NASA、高画質でほぼリアルタイムの新しい大気質データを発表(NASA Releases New High-Quality, Near Real-Time Air Quality Data)

2024-05-30 NASA NASAのTEMPO(Tropospheric Emissions: Monitoring of Pollution)計器が、新たなデータを提供し、個々の地域レベルでの大気汚染観測が可能になりました。このデー...
ad
1600情報工学一般

バズ、ハム、ガラガラを測定する(Tech Today: Measuring the Buzz, Hum, and Rattle)

NASAがサポートするワイヤレスマイクロフォンアレイは、航空機や動物などからの騒音を素早く、安く、正確にマッピングする。(NASA-supported wireless microphone array quickly, cheaply, ...
1902環境測定

森林面積のマッピング(Mapping forest extent)

2024-05-09 デラウェア大学 (UD) デラウェア大学と国際研究グループは、メキシコの森林範囲を測定するリモートセンシング製品の正確性を検証しました。7つの製品と2つの独立した森林調査データセットを比較し、一致するエリアを特定する森...
0303宇宙環境利用

NASAの海洋、大気、気候に関するPACEデータが利用可能に(NASA’s PACE Data on Ocean, Atmosphere, Climate Now Available)

2024-04-11 NASA NASA’s PACE satellite’s Ocean Color Instrument (OCI) detects light across a hyperspectral range, which g...
1902環境測定

EVがベイエリアの二酸化炭素排出量を減らす(EVs are lowering Bay Area’s carbon footprint)

2024-04-04 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) カリフォルニア大学バークレー校の大気化学者が設立したCO2モニタリングネットワークは、サンフランシスコ湾エリアでの電気自動車の普及が地域の炭素排出を減少させている最初の証拠を記...
1902環境測定

土壌メタンフラックスの解明には、1つの手法より2つの手法が有効(For Understanding Soil Methane Flux, Two Techniques Are Better Than One)

2024-03-28 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) To determine the role of soil moisture in regulating methane processes, measurement...
1902環境測定

オーストラリアのサンゴ群落に記録された湿潤な世界(A wetter world recorded in Australian coral colony)

2024-03-18 ミシガン大学 ミシガン大学の研究者は、グレートバリアリーフのサンプルを調査し、1750年から現在までの間に、世界の気候が温暖化するにつれて、その地域の雨季降雨量が約10%増加し、極端な雨事象の発生率が2倍以上になったこ...
1902環境測定

UMass Amherstの科学者らが、渓流から排出されるCO2のとらえどころのない起源を追跡する新しい方法を提案(UMass Amherst Scientists Propose New Method for Tracking Elusive Origins of CO2 Emissions from Streams)

2026-02-26 マサチューセッツ大学アマースト校 マサチューセッツ大学アマースト校の研究チームは、河川や湖沼による二酸化炭素放出を計測することに特化し、最近、化学プロセスである「炭酸塩緩衝作用」が高アルカリ性水域での大部分の排出を説明...
1902環境測定

予想以上の干ばつが草原と低木地帯を襲う(Extreme drought hits grasslands and shrublands harder than anticipated)

2024-01-29 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB) ◆米国の科学者173人が協力して、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のSedgwick Reserveを含む6大陸の100か所で実施された乾燥の影響に関する実験で、極端な...
1902環境測定

光を追う:北極圏の温暖化に関する新たな手がかりを発見(Chasing the light: Sandia study finds new clues about warming in the Arctic)

2024-01-15 サンディア国立研究所(SNL) ◆北極は他の地域よりも4倍速く温暖化しており、太陽光の反射率(アルベド)低下がこの温暖化を促進している可能性が研究で示された。 ◆サンディア国立研究所の科学者たちは、GPS衛星データを使...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました