2018-08-21

スポンサー
1801細胞遺伝子工学

新たな発がんメカニズムの解明やバイオマーカーとしての応用に期待

間質性肺炎に合併した肺腺がん(間質性肺炎合併肺腺がん)の遺伝子変異の特徴を明らかにした。肺の形成や働きにかかわる遺伝子群の機能を失わせるような変異が間質性肺炎合併肺腺がんで高頻度に見られることがわかった。
1801細胞遺伝子工学

「血小板輸血不応症を合併した再生不良性貧血」患者を対象とするiPS細胞由来血小板の自己輸血に関する臨床研究について

再生不良性貧血で、かつ血小板輸血不応症を併発している特定の患者の末梢血単核球から作製するiPS細胞を経由して誘導される血小板を当該患者に投与し、iPS細胞由来血小板製剤の安全性について検証を行う。
1802生物化学工学

貧血予防に新たな指針:ビタミンCが鉄分の吸収を促進するメカニズムを原子レベルで解明

ヒトの鉄吸収メカニズムに関わる膜タンパク質の立体構造を世界で初めて解明し、その立体構造に基づく機能解析により、食物に含まれるビタミンCや有機酸が鉄分の吸収効率を向上させる仕組みを原子レベルで明らかにした。
1803生物環境工学

生態系の”熱帯化”:温帯で海藻藻場からサンゴ群集への置き換わりが進行するメカニズムを世界で初めて解明

国内の温帯で急速に進行している海藻藻場の分布縮小と造礁サンゴ群集の分布拡大の全貌を初めて明らかにし、海藻藻場からサンゴ群集への置き換わりが進行するメカニズムを世界で初めて解明した。
1300森林一般

「日本最古!? 諏訪で発見された 300 年前の押し葉・押し花」 調査研究と公開展示について

約300年前の享保年間に製作された「押し葉・押し花」が、諏訪市博物館に寄贈された資料 から見つかった。国立科学博物館が諏訪市博物館と調査し、記録がある日本産植物資料としては、国内最古となる「押し葉・押し花」であることが分かった。
0300航空・宇宙一般

「こうのとり」7号機に搭載する超小型衛星3機がJAXAに引き渡されました。打上げに向けて準備完了し種子島へ発送されました!

「こうのとり」7号機に搭載する3機の超小型衛星がJAXA筑波宇宙センターにおいて、各衛星開発チームからJAXAに引き渡され、秋頃の放出に向けて衛星搭載作業を実施した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました