「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立します

スポンサーリンク

“空飛ぶクルマ”の実現に向け、共同でロードマップを作成

2018/08/24 国土交通省

国土交通省は、経済産業省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立し、その第1回会合を平成30年8月29日に開催します。

1.背景と本協議会の活動のポイント
・世界では、ベンチャー企業から大企業まで様々なプレイヤーが、人を乗せて移動できる「空飛ぶクルマ」のプロジェクトを立ち上げ、研究開発や実証事業を実施しています。
・日本においても、自動車や航空機の業界などの有志が集まる団体や、ドローンなどのベンチャー企業、投資ファンドなどの様々な分野の関係者が、都市の渋滞を避けた通勤、通学や通園、離島や山間部での新しい移動手段災害時の救急搬送や迅速な物資輸送などの構想を描いて、「空飛ぶクルマ」の研究開発を始めています。
・こうした構想を具体化し、日本における新しいサービスとして発展させていくためには、「民」の将来構想や技術開発の見通しをベースに、「官」が、民間の取組みを適時適切に支援し、社会に受容されるルール作りなどを整合的に進めていくことが重要です。こうした取組みをロードマップに反映し、官民の歩調をそろえつつ、空飛ぶクルマの実現を促進していきます。
参考:未来投資戦略2018-「Society 5.0」「データ駆動型社会への変革」-(平成30年6月15日閣議決定)に位置づけ
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/miraitousi2018_zentai.pdf

日時

平成30年8月29日(水)16:00~18:00

場所

虎ノ門ヒルズ 4階 ホールB  (東京都港区虎ノ門一丁目23番1号~4号)

議題

(1)空の移動革命に向けた官民協議会の設立について
(2)空の移動の将来像についての発表
[1]Drone Fund [2]CARTIVATOR [3]日本電気株式会社 [4]株式会社プロドローン
[5]テトラ・アビエーション株式会社 [6]株式会社Temma [7]Uber Technologies Inc. (発表順)

その他

・7社の発表をご覧いただくために、プレスの方に公開で行います。
傍聴・カメラ撮りを希望される方は、あらかじめ氏名、連絡先を電話もしくはFAXにてご登録をお願いします。
(8月28日(火)12:00まで。別紙2参照)
・会議当日は、会場に「空飛ぶクルマ」の模型も展示しております。
会議が始まる前に撮影を希望される方は、当日の15:15~15:45の間に撮影時間を設定いたしますので、その時間にお越しください。
(会議が始まってからも撮影は可能ですが、模型に近づいての撮影などは難しくなります。)
・会議資料につきましては経済産業省のウェブサイトに、会議当日の16:00までに掲載します。
(リンク先URL: http://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/air_mobility/index.html
・議事概要は、後日、国土交通省ウェブサイトにて公開します。

添付資料

【プレスリリース】「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立します(PDF形式)

我が国において構想・研究開発が進められている“空飛ぶクルマ”の例

お問い合わせ先

国土交通省航空局安全部安全企画課(全般) 駒村、西森
国土交通省航空局安全部安全企画課(当日の取材について) 手島
スポンサーリンク
スポンサーリンク