2018-08-25

1701物理及び化学

負のミュオン素粒子で視る物質内部

J-PARCの大強度のミュオンビームと高感度の高集積陽電子検出器システムを組み合わせ、世界で初めて負電荷を持つ素粒子ミュオンにより、水素が物質内に作る微小磁場を検出。固体内の水素の運動を検出でき、高性能な水素貯蔵材料の開発への貢献に期待。
2003核燃料サイクルの技術

「原型炉研究開発ロードマップについて(一次まとめ)」の公表について

2018/07/24  核融合科学技術委員会 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 核融合科学技術委員会において、同委員会で昨年12月に策定した「核融合原型炉研究開発の推進に向けて」を踏まえて、7月24日...
0108交通物流機械及び建設機械

「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立します

国土交通省は、経済産業省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けて、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立し、その第1回会合を平成30年8月29日に開催します。
0502有機化学製品

AIによる有機分子の設計とその実験的検証に成功

光の吸収波長をターゲットに、「深層学習によるAI技術」と「量子力学に基づいた分子シミュレーション技術」を組み合わせて、AIが設計した有機分子から、安定かつ所望の分子の自動選別に成功した。数個の分子を合成して所望の特性があることを確認した。
0300航空・宇宙一般

地球接近小惑星を発見しました

2018年8月9日19時30分(日本時間)に観測した領域から発見した小惑星は、日本スペースガード協会をはじめ世界各地で追跡され、仮符号「2018 PM10」として登録された。
0301機体システム

第1回 H3ロケット用LE-9実機型#3エンジン燃焼試験結果

LE-9実機型#3エンジン燃焼試験の第1回を実施した結果。目的は厚肉タンクステージ燃焼試験(BFT)に供するエンジンの機能・性能を確認。
1903自然環境保全

愛知県小牧市及び名古屋港におけるヒアリの確認について

平成30 年8月21日に愛知県小牧市で発見されたアリ(約20個体)について、同定の結果、特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認された。また、名古屋港で発見されたアリ(約50個体)についてもヒアリと確認された。
1903自然環境保全

苫小牧港におけるヒアリの確認について

北海道苫小牧港での調査において、8月16 日に設置したトラップで捕獲したアリ(2個体)について、専門家による同定の結果、8月23 日にヒアリと確認された。
ad
タイトルとURLをコピーしました