2018-08-31

1602ソフトウェア工学

人工知能でタンパク質を自動設計

人工知能と実験を組み合わせることで、タンパク質の機能改変を従来よりも大幅に効率化する手法の開発に成功した。
1604情報ネットワーク

電子ビームの時間幅「1,000兆分の1秒」の評価法を開発

「X線強度干渉法」の原理に基づき、光速近くまで加速された電子ビームの時間幅の計測法を開発しました。
1801細胞遺伝子工学

ヒトiPS細胞で小児腎臓病を再現

腎臓のろ過膜を構成するネフリンに変異をもつ先天性ネフローゼ症候群の患者さんの皮膚からiPS細胞を樹立した。患者さん由来のヒトiPS細胞から腎臓組織を誘導することによって、病態を再現することに成功した。
0301機体システム

お知らせ【ISS船内圧力の復旧について】

ISS船内全体で発生していた空気の圧力低下は、ロシアサービスモジュールに係留中のソユーズ宇宙船(MS-09)の居住モジュール内に生じた2mm程度の穴が原因であることが判明し、宇宙飛行士が補修を行いました。
1603情報システム・データ工学

火山基本図、湖沼図をフルカラーの紙地図で入手可能に!

現在ホームページから提供している火山基本図データ及び湖沼データを、平成30年9月1日からインクジェット出力により刊行します。
1903自然環境保全

大阪港におけるヒアリの確認について

平成30 年8月27日(月)に、大阪府大阪市の大阪港に入港したコンテナ船から荷揚げされたコンテナ外部上面より発見されたアリ約20個体について、種の同定の結果、特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認された。
タイトルとURLをコピーしました