関東・東海向けのもち性六条大麦品種「きはだもち」標準作業手順書

ad
ad

2022-06-30 農研機構


カテゴリ

水田作
畑作
標準作業手順書(SOP)
食品・健康
農村・経営
タイトル
関東・東海向けのもち性六条大麦品種「きはだもち」標準作業手順書
発行年月日
2022年6月29日
概要
  • 関東・東海地方向けのもち性大麦新品種「きはだもち」は、関東地方で作付の多い「キラリモチ」よりも収量が1.5倍程度多い多収品種です。
  • 「キラリモチ」よりも機能性成分β-グルカンをさらに多く含み、精麦で8%前後の含量があります。
  • 多収で作りやすいことと機能性成分が多いことを活かして、6次産業化の推進や特産物として地域農業の振興に貢献できます。
ファイルダウンロード

関東・東海向けのもち性六条大麦品種「きはだもち」標準作業手順書[PDF:4.9MB]

タイトルとURLをコピーしました