地層「千葉セクション」のIUGS(国際地質科学連合)における審査結果について

ad
ad

2020-01-17   情報・システム研究機構国立極地研究所,茨城大学,島根大学,有限会社アルプス調査所,神戸大学,復建調査設計株式会社,産業技術総合研究所,千葉大学,海洋研究開発機構,国立,学博物館, 大阪市立大学,東京学芸大学,千葉県環境研究センター,千葉県立中央博物館,滋賀県立琵琶湖博物館,九州大学,信州大学,文化財調査コンサルタント株式会社,農業・食品産業技術総合研究機構

  • 千葉県市原市の地層「千葉セクション」を、国際境界模式層断面とポイント(GSSP)とする申請が、最終ステップであるIUGS(国際地質科学連合)の審査を通過した。
  • 結果、千葉セクションはGSSPとなり、約77万4千年前〜約12万9千年前の地質時代の名称が「チバニアン」と名付けられることとなった。
  • 千葉セクションは、日本の研究チームが2017年6月に地質時代の前期‐中期更新世境界のGSSPに申請し、同年11月に第1ステップの審査、続いて2018年11月に第2ステップの審査、2019年11月に第3ステップの審査を通過していたものである。

本日(2020年1月17日)午前、韓国釜山において開催された、IUGS(国際地質科学連合)の理事会においてGSSP(注1)の審議および投票が行われ「千葉セクションのGSSP提案」(注2)が承認されました。

これにより「千葉セクション」は前期‐中期更新世境界のGSSPとして認定され、地質時代の中期更新世(約77万4千年前〜約12万9千年前)が、「チバニアン(Chibanian)」と名付けられることとなりました。

前期‐中期更新世境界のGSSP審査は、2017年6月に開始されました。千葉セクションは、2017年11月、審査の第1ステップ(注3)にあたる下部−中部更新統境界作業部会(WG)で、申請された3つの地層の中からGSSP候補に選ばれ、続いて2018年11月に第2ステップにあたる第四紀層序小委員会(SQS)での審査を通過。そして、2019年11月には第3ステップとなる国際層序委員会(ICS)を通過し、最終段階である、国際地質科学連合(IUGS)の理事投票結果を待つのみ、となっていました。

これまで、日本にGSSPはありませんでした。本日、千葉セクションが日本初のGSSPとして認定されたことにより、日本の地名に由来した地質時代の名称が誕生しました。これは、地質学だけでなく、日本の科学史においても大きな出来事になります。また、地質学の一般への普及や小・中・高校生などへの教育においても大きな波及効果が期待されます。

コメント

「千葉セクション」を申請した研究チーム代表の岡田誠・茨城大学理学部教授

申請から2年半、本当にいろいろな事がありました。本日チバニアンが承認され、初めて日本の地名が地球史に刻まれることに感極まります。研究チームの研究・申請活動は、これまで多くの方々に支えられてきました。地元の田淵町会や市原市、千葉県の関係各位、そしてチバニアンを応援して下さった全ての方々に深く感謝申し上げます。

その他

注1:GSSP

GlobalBoundaryStratotypeSectionandPoint(国際境界模式層断面とポイント)。IUGSは、それぞれの地質時代の境界を地球上で最もよく示す地層を1つだけ選び、GSSPに認定している。GSSPは現在、日本が認定された事で世界に74カ所となった。

注2:千葉セクション

千葉県市原市にある養老川セクション(35 ̊17.66’N; 140 ̊8.79’E)の中の地層断面の名。提案申請書では養老川セクションのほかに、養老田淵セクション(35 ̊17.69’N;140 ̊8.82’E)、柳川セクション(35 ̊17.15’N; 140 ̊7.88’E)、浦白セクション(35°16.85’N; 140°7.47’E)、小草畑セクション(35 ̊18.52’N; 140 ̊11.89’E)から得られたデータが用いられている。これらのセクションをまとめて千葉複合セクションと呼ぶ。

注3:

GSSP決定までの審査ステップは以下のとおり。

①下部−中部更新統境界作業部会(WG)で審査。・・・2017年11月通過。

 審査結果を第四紀層序小委員会(SQS)へ答申。

タイトルとURLをコピーしました