スピン流を高効率で輸送できる新たな材料を発見 ~スピントロニクスの常識を覆す~

ad
ad

2019-10-18 東北大学 金属材料研究所,東北大学 材料科学高等研究所,科学技術振興機構,東京大学

ポイント
  • 常磁性絶縁体ガドリニウムガリウムガーネットが、長距離かつ高効率にスピン流を運ぶことを実証した。
  • 従来スピン流輸送に必要と考えられていた磁気秩序に頼らず、微弱な原子磁石の間の相互作用だけで絶縁体中をスピン伝播できることが分かった。
  • 磁気秩序物質(強磁性・反強磁性)を主な研究対象にするスピントロニクス分野で、磁気秩序のない物質群(常磁性)を利用する可能性を示した。

東北大学 金属材料研究所の大柳 洸一 氏(大学院博士課程)と東北大学 材料科学高等研究所の高橋 三郎 研究員、東北大学 金属材料研究所のGerrit E. W. Bauer(ゲリット・バウアー) 教授、東京大学 大学院工学系研究科の齊藤 英治 教授(東北大学 材料科学高等研究所・金属材料研究所兼任)らは、スピントロニクス材料として利用することが難しいと考えられていた常磁性注1)絶縁体ガドリニウムガリウムガーネットが、スピン流を伝播する有用な材料になり得ることを実証しました。

本研究成果は2019年10月18日(金)に英国科学誌「Nature Communications」のオンライン版で公開されます。

タイトルとURLをコピーしました