2019-10-10

1800生物工学一般

マイクロ流体デバイスで生物組織を簡単に長期培養 -概日時計を25日間にわたって培養し観察-

マイクロ流体デバイスを培養液透過膜と組み合わせることで、少量の培養液を自動的に灌流させ、生物組織切片を長期間培養することに成功した。
1802生物化学工学

魚類がお腹の子供に与える栄養素を解明 ~哺乳類が失った遺伝子を利用して胎生機構を獲得~

グーデア科胎生魚Xenotoca eiseni(和名:ハイランドカープ)において、卵黄栄養タンパク質であるビテロジェニンが、母親からお腹の子供に供給されていることを実証した。
0501セラミックス及び無機化学製品

人の皮膚感覚と同等の性能を有するロボット皮膚センサーを開発

従来のスプレー噴霧技術を改良して、均一で再現性の良い大面積の圧電膜を成膜することに成功した。さまざまな形状・サイズのロボット表面に圧電感圧センサーをスプレー塗布することにより、皮膚センサーの作製が実現可能となった。
1802生物化学工学

空腹に伴い味覚を調節する神経ネットワークの発見

マウスをモデルに、AgRPニューロンが空腹時の味覚の変化に寄与するかを検証した。空腹に伴い味覚を調節する神経ネットワークを発見した。
1700応用理学一般

線形加速器を用いた透過型電子顕微鏡を開発

小型でありながら効率的に電子ビームを加速する線形加速器と、新規な精密ビーム制御技術を電子顕微鏡に導入することにより、既存の研究室にも収容可能な程にコンパクトな超高圧電子顕微鏡を開発、顕微鏡像観察が可能であることを実証した。
1702地球物理及び地球化学

飛騨帯神岡地域におけるSHRIMP(シュリンプ)ジルコノロジー ~日本列島形成史の解明に貢献~

神岡地域の花崗岩質マイロナイトは、約2億4300万年前に花崗岩として形成され、その後、約1億9900万年前までにせん断による変形作用を受けマイロナイト化したことが明らかとなった。日本列島の形成を考察する上で貴重な情報である。
タイトルとURLをコピーしました