2019年10月09日一覧

人間の活動が河川の環境修復を促進することを解明

東京電力福島第一原子力発電所の事故発生後における河川の放射性セシウム濃度を5年間にわたってモニタリングし、解析した結果、水田・畑・都市域など人間活動の影響がある地域から流出する放射性セシウム濃度が大きく低下していることを解明した。

ICT-JET (KT-180123-A)

高圧噴射撹拌工法における施工情報を全てリアルタイムで表示し、更に機械制御を行うシステムである。ライト工業株式会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク