2019-10-22

0502有機化学製品

酸化的C-N結合形成を触媒するラジカル酵素反応機構解明と非天然型新規活性化合物の創出に成功

生物活性天然物の基本骨格の構築に関わる酸化酵素の立体構造を明らかにし、酵素反応のメカニズムを解明した。
1504数理・情報

日本の2050年温室効果ガス削減目標にかかる費用が従来より大幅に小さいことを解明

日本の長期的な気候安定化目標である2050年に温室効果ガス排出量を80%削減する目標について、新しいシミュレーションモデル分析を行った。必要となるマクロ経済損失(費用)が従来考えられていたよりも格段に小さいことを明らかにした。
0403電子応用

高温で動作する酸化ガリウムダイオードを開発

パラジウムとコバルトからなる金属酸化物(PdCoO2)と酸化ガリウム(Ga2O3)を原子レベルで接合し、350℃の高温動作可能な整流素子(ダイオード)を開発した。パワーデバイスやセンシングデバイスに応用が期待される。
0501セラミックス及び無機化学製品

重希土類フリーの高耐熱希土類磁石粉末の合成法を開発~自動車駆動用モーター向け磁石の開発を推進~

重希土類元素を使わないで、室温での保磁力が30 kOeを超えるサマリウム-鉄-窒素(Sm2Fe17N3)系磁石粉末を作製できる技術を開発した。
0502有機化学製品

Ablファミリーチロシンキナーゼが抗体の血管外輸送を制御することを解明

炎症のない血管から皮膚への抗体移行のメカニズムはカベオラによる小胞輸送を利用し、Ablファミリーチロシンキナーゼにより制御されること、皮膚への抗体移行を阻害しうることを見出した。
1600情報工学一般

機械学習を用いた質量顕微鏡解析の自動化手法の開発と小脳に限局して分布する分子集団の発見

機械学習を利用した質量顕微鏡解析の自動化法を開発し、この手法を用いて小脳に限局した分布を持つ分子集団を発見することに成功した。
1600情報工学一般

「デジタルアニーラ」とディープラーニング技術を活用したプロジェクトを開始

「デジタルアニーラ」とシンガポールの(UCE CoE)の研究開発能力を活用して商用アプリケーションの開発を促進する。世界で初めて「デジタルアニーラ」のオンプレミスサーバをSMUのデータセンターに設置し検証を行い実用化に向けた計画を検討予定。
ad
タイトルとURLをコピーしました