H3ロケット用固体ロケットブースタ(SRB-3) 実機型モータ地上燃焼試験の結果について

ad
ad

2018/08/26 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H3ロケット用固体ロケットブースタ(SRB-3)開発の一環として、設計の妥当性等の確認を目的として実施したSRB-3実機型モータ地上燃焼試験の結果について、下記のとおりお知らせいたします。
試験は予定したデータを取得し、良好に終了しました。

試験日時:平成30年8月26日(日)16:00点火

試験場所:種子島宇宙センター 竹崎固体ロケット試験場

天  候:晴れ   風:4.5 m/sec   気温:29.1 ℃

[試験結果]

燃焼時間:110.1 秒

最大推力:2137 kN

最大燃焼圧力:10.7 MPa

 

[8/26更新] H3ロケット用固体ロケットブースタ(SRB-3)地上燃焼試験ライブ中継

SRB-3(エスアールビー・スリー)は、2020年度に試験機1号機の打ち上げが予定されている新型ロケット「H3(エイチスリー)」の固体ロケットブースタです。

固体ロケットブースタは、ロケット発射直後の推力を補う役割を担っており、約100秒燃焼した後、役目を終え、ロケットから切り離されます。H3ロケットではこのSRB-3を0本、2本、4本と付け替えることができるため、様々な大きさの人工衛星を打ち上げることができます。

今回、試験を予定しているのは「実機型モータ」と呼ばれる試験用のSRB-3で、燃料タンクであるモータケースに固体燃料を入れて点火し、燃焼時の特性などが設計意図どおりであるかを確認します。この試験により得られたデータをフライト用SRB-3の設計に反映します。

その燃焼試験の模様を、地上燃焼試験場から約900mの位置にある、現地、種子島宇宙センター竹崎展望台からライブ中継します。H3ロケットの開発現場を映像を通じて体感ください。

H3プロジェクトミッションマーク

●中継日

平成30年8月26日(日)(気象条件が整わなかったため、8月25日から変更しております)

●放送時刻

15:50~16:05頃

タイトルとURLをコピーしました