全日本空輸株式会社所属 ボーイング式787-8型機の重大インシデント(成田国際空港の北東約280nm、FL430、令和元年6月1日発生)

ad
ad
ad
ad

[航空機の航行の安全に障害となる複数の故障に準ずる事態]

2020-11-26 運輸安全委員会

概要

報告書番号:AI2020-7-1

発生年月日:2019年06月01日

発生場所:成田国際空港の北東約280nm、FL430

航空機種類:飛行機

航空機区分:大型機

型式:ボーイング式787-8型

登録記号:JA828A

運航者:全日本空輸株式会社(法人番号 1010401099027)

事故等種類:航空機の航行の安全に障害となる複数の故障に準ずる事態

概要:全日本空輸株式会社所属ボーイング式787-8型JA828Aは、令和元年6月1日(土)、アメリカ合衆国サンノゼ国際空港から成田国際空港に向けて飛行中、成田国際空港の北東約280nmの太平洋上、FL430において2つある空調系統の両方が不作動となった。

原因:本重大インシデントは、同機の左側空調系統が停止した後の空調系統の再起動操作において、左側空調系統が再起動できず、正常に作動していた右側空調系統も停止したため、2つある空調系統の両方が同時に停止する事態に至ったものと推定される。
左側空調系統が再起動できず、正常に作動していた右側空調系統も停止したことについては、高高度でキャビン・エア・コンプレッサーがサージングを発生させやすい環境条件下で空調系統の再起動操作が行われたことによるものと推定される。

死傷者数:なし

公表年月日:2020年11月26日

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました