地球環境と実践、方法、主体性――アンソロポシーン(Anthropocene)へのアジアの視点――

ad
ad

 

近年、地球環境をめぐってアンソロポシーンという新たな地質年代の時代区分が提起されている。それが、地質年代の区分だということは、それが地球全体を覆う時代だということだ。だが、しかし、地球すべてが、ある一つの時代で覆われることなどあるのだろうか。もし仮にそうだとしたら、人間の主体性はどのように測られるのだろうか。人間の主体性や自己が存在する仕方は文化によって異なる。アンソロポシーンという概念は、西洋に発達した人と自然の二分法の考え方に基づいているが、東アジアからの経験から見たとき、それは、しかし、別の仕方で定義されることもあるはずだ。地球上には、違った(あるいは、複数形の)環境主体性のあり方があるに違いないし、あるべきなのだ。アンソロポシーンについて考えることとは、われわれの環境という考え方を複数の場で再考することでもある。

日 時
2018年2月15日(木)13:00 – 17:00
場 所
総合地球環境学研究所 講演室 (⇒アクセス
主 催
総合地球環境学研究所平成29 年度所長裁量経費グループ研究 地球研若手研究員連携プロジェクト「地域実務者連携セミナーの実施 地域に人をどう『巻き込む』か?――実践者と研究者、アーティストの協働による参与支援型研究」
申し込み
不要
言 語
英語/日本語
問い合わせ
寺田匡宏 E-mail
ad

++プログラム++

Flyer

    1. 13:00 開会
    2. 13:05 – 14:05 [レクチャー1:方法] (英語)

本田江伊子(オックスフォード大学)

知と実践のエコロジー――日本学、環境人文科学からの視点

    1. 14:05 – 15:05 [レクチャー2とミニ展示:実践](日本語)

清水志郎(陶芸家)

土から焼き物へ――私の方法

    1. 15:15 – 16:15 [レクチャー3:主体性] (英語)

寺田匡宏(地球研客員准教授)

タイトルとURLをコピーしました