2018-01-18

1703地質

地球環境と実践、方法、主体性――アンソロポシーン(Anthropocene)へのアジアの視点――

総合地球環境学研究所平成29 年度所長裁量経費グループ研究 地球研若手研究員連携プロジェクト「地域実務者連携セミナーの実施 地域に人をどう『巻き込む』か?――実践者と研究者、アーティストの協働による参与支援型研究」
1601コンピュータ工学

DNS サーバ BIND の脆弱性対策について(CVE-2017-3145)

DNS サーバの BIND に、遠隔からの攻撃によって異常終了し、サービス不能 (DoS) 状態となる脆弱性が存在します。IPA
0303宇宙環境利用

10分ごとに更新する気象予測「京」とひまわり8号による天気予報の革新

ひまわり8号の10分ごとの赤外放射輝度データを、雲域も含めた全天候で数値天気予報に直接利用することに成功。
0301機体システム

イプシロンロケット3号機 打ち上げ成功!

2018年1月18日(木)6時6分11秒、内之浦宇宙空間観測所から高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)を搭載したイプシロンロケット3号機は正常に飛行し、約52分35秒後に予定の軌道でASNARO-2を分離、打ち上げは無事成功しました。
1202農芸化学

ミルキークイーン3姉妹で作期分散 早生の「ミルキーサマー」と晩生の「ミルキーオータム」

2018年1月17日 (水曜日) ポイント 農研機構次世代作物開発研究センターは、新品種「ミルキーオータム」を育成しました。今回育成した晩生種「ミルキーオータム」と平成21年に育成した極早生種「ミルキーサマー1)」に...
0700金属一般

鉛吸着材に使えるコケの新たな生物機能を発見

ヒョウタンゴケの原糸体(吸着材)は、PbやAuおよび白金族(Ru、Rh、Pd、Ir、Pt)の金属類を主に、よく吸着する性質(酸性から塩基性の幅広いpHにおいて回収率が高い)があることが分かった
0403電子応用

集光XFELパルスの空間コヒーレンスを正しく評価-従来の解析方法の問題点を解決-

2018年1月17日理化学研究所 慶應義塾大学 要旨 理化学研究所(理研)放射光科学総合研究センター生命系放射光利用システム開発ユニットの小林周研修生(慶應義塾大学理工学研究科博士課程3年)、中迫雅由客員主管研究員(慶應義塾大学理工...
ad
タイトルとURLをコピーしました