2023-01-18

0505化学装置及び設備

高効率なナノアンテナ蛍光体開発に成功~省エネ照明に期待~

2023-01-17 京都大学 材料化学専攻の 村井俊介 工学研究科助教、Feifei Zhang 同ポスドク研究員(当時)、愛知広樹 同修士課程学生(当時)、田中勝久 同教授は、指向性ある蛍光を放つ「ナノアンテナ蛍光体」の作製に成功...
0403電子応用

酸化物磁性薄膜における光磁化スイッチングの実現~希土類フリー酸化物で世界初の光スイッチングを観測!~

2023-01-18 京都大学 菅大介 化学研究所准教授、島川祐一 同教授、高橋龍之介 兵庫県立大学大学院生、和達大樹 同教授、大河内拓雄 高輝度光科学研究センター(JASRI)主幹研究員らは共同で、ニッケル・コバルト酸化物NiCo2...
0501セラミックス及び無機化学製品

サブミリメートルの長距離にも渡る水素の表面拡散を観測~活性水素の利用に新しい道~

2023-01-18 京都大学 菅大介 化学研究所准教授、鎌田太郎 同修士課程学生(研究当時)、島川祐一 同教授の研究グループと田中庸裕 工学研究科教授、細川三郎 京都工芸繊維大学准教授、湯村尚史 同教授は共同で、パラジウム(Pd)金...
1202農芸化学

干ばつを生き抜くイネの戦略~RIイメージング技術で初めて捉えた根の水分に対する応答~

2023-01-18 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 地中に伸びる根の中で起きている栄養の動きを可視化する技術を開発し、イネが干ばつ状況に応じて栄養を送る根を素早く切り替えていることを発見 。 干ばつに適応するイ...
1900環境一般

NREL、プラスチックリサイクル手法の性能を比較するための体系的なフレームワークを開発(News Release: NREL Develops Systematic Framework To Compare Performance of Plastics Recycling Approaches)

2023-01-17 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL)  リサイクルされるプラスチックの割合はわずかであるため、これらの材料のリサイクルと再利用の最適な方法を決定することで、プラスチックのリサイクルの普及とプラスチック廃棄物公...
1102水質管理

一般的な水処理システムの非効率性を打破する新しいモデル(New Model Could Help Break Through Inefficiencies of Common Water Treatment Systems)

2023-01-17 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL) Hari Sitaraman and Ilenia Battiato have, for the first time, analyzed an entire rev...
1700応用理学一般

自己共振する光で観測された創発的な振る舞い(Emergent behavior observed in self-interacting light)

2023-01-17 ペンシルベニア州立大学(PennState)  ペンシルバニア大学ユニバーシティパーク校は、特殊な構造をもつガラスを通して相互作用を強いられる光の粒子(光子)が、「フラクショナル量子ホール効果」を想起させる挙動を示す...
0504高分子製品

色変換スピロピランを用いた固体高分子中の内部応力の可視化(Visualising internal stresses in solid polymers using colour-changing Spiropyrans)

2023-01-17 オランダ・デルフト工科大学(TUDelft)  スピロピランは、光を当てると色が変わる化学物質で、医療や技術の多くの分野で有用な特性を持っています。今回、3mEのGeorgy Filonenko教授(MSE)と応用科...
0402電気応用

ペロブスカイト太陽電池の耐劣化性の向上(Improving perovskite solar cell resistance to degradation)

ペロブスカイト太陽電池は、その大きな可能性にもかかわらず、熱や湿気などの外部刺激に対する反応が、安定性に大きな影響を与えます。EPFLの研究者たちは、劣化の原因を突き止め、安定性を向上させる技術を開発し、費用対効果が高く効率的なこの太陽電池...
ad
タイトルとURLをコピーしました