酸化物磁性薄膜における光磁化スイッチングの実現~希土類フリー酸化物で世界初の光スイッチングを観測!~

ad
ad

2023-01-18 京都大学

菅大介 化学研究所准教授、島川祐一 同教授、高橋龍之介 兵庫県立大学大学院生、和達大樹 同教授、大河内拓雄 高輝度光科学研究センター(JASRI)主幹研究員らは共同で、ニッケル・コバルト酸化物NiCo2O4の薄膜において、レーザー照射のみでその磁気構造を変化させることに成功しました。

磁場を使用せず、光のみで磁化を制御することは、次世代の光磁気デジタル磁気記録につながるため、基礎学理のみならず、その応用観点からも注目されています。この度の研究で、酸化物であり、希土類を含まない物質において、世界で初めて全光型磁化スイッチング(AOS)の観測に成功しました。多くの鉱物が酸化物として産出されるように、酸化物は化学的に非常に安定しています。また、希土類のような重たい元素が含まれていないという点で、応用材料として実用的な側面を持っています。

本研究成果は、2023年1月16日に、科学誌「ACS Applied Electronic Materials」にオンライン掲載されました。


超短パルスレーザーPHAROSと磁気光学カー顕微鏡を組み合わせた装置。レーザー照射されたサンプルを直接で観察できる。

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:菅 大介
研究者名:島川 祐一

コメント

タイトルとURLをコピーしました