2023-01-24

0505化学装置及び設備

大気中の超微量なガス成分をすばやく識別可能~独自の大気中電子放出デバイスを搭載した IMS(Ion Mobility Spectrometry)分析装置を開発~

2023-01-24 シャープ株式会社 開発したIMS分析装置 シャープは、独自の大気中電子放出デバイスによるイオン化技術を搭載し、大気中の超微量のガス成分をすばやく識別できるIMS(Ion Mobility Spect...
0505化学装置及び設備

国内初 メタンバスへ再エネ利用のe-methane(合成メタン)を供給開始 ~福島県相馬市運用のコミュニティバスでCO₂フリー水素からのe-methaneを活用~

2023-01-23 IHI技術情報 IHIは,福島県相馬市(以下「相馬市」)の協力の下,相馬市において太陽光発電電力の地産地消と,地域振興・発展に寄与することを目的に実施しているスマートコミュニティ事業の一環として,相馬市が運用する...
0404情報通信

世界初、成層圏下層から38GHz帯の電波伝搬実験に成功 ~HAPSによる成層圏からの通信サービスの提供実現に向けて~

2023-01-24 株式会社NTTドコモ,スカパーJSAT株式会社 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、スカパーJSAT株式会社(以下、スカパーJSAT)は、2022年10月12日(水曜)に、成層圏下層(上空約14km)から地上の...
ad
1204農業及び蚕糸

外から見えない害虫を炭酸ガスで退治する~低圧炭酸ガスを用いたクリ果実殺虫技術が農薬登録~

2023-01-24 農研機構,日本液炭株式会社 ポイント 農研機構は、1 MPa未満の低圧炭酸ガスを用いて1時間くん蒸処理することで、収穫したクリ果実内のクリシギゾウムシを殺虫できる技術を開発しました。本法は、日本液炭株式会社により2...
1702地球物理及び地球化学

1662年日向灘地震の新たな断層モデルを構築~地球物理学と地質学の検証に基づく初の成果~

2023-01-24 京都大学 山下裕亮 防災研究所宮崎観測所助教、伊尾木圭衣 産業技術総合研究所主任研究員、加瀬善洋 北海道立総合研究機構研究主任の研究グループは、浅部スロー地震の海底地震観測の成果や人工地震波を用いたプレート境界の...
1700応用理学一般

発光式円偏光コンバータの開発に成功~円偏光純度と明るさを両立させる新たな円偏光生成技術として期待~

2023-01-24 京都大学 岡﨑豊 エネルギー科学研究科助教、木村美咲 同修士課程学生(研究当時)、佐川尚 同教授らの研究グループは、円偏光純度と明るさを両立させる「発光式円偏光コンバータ」の作製に成功しました。円偏光とは、光強度...
1702地球物理及び地球化学

南海トラフ巨大地震が連続発生する確率を算出

2023-01-24 京都大学 近い将来、九州地方から関東地方にかけての太平洋側で、マグニチュード(M)8.0を超える巨大地震「南海トラフ地震」が発生することが懸念されています。確度の高い地震の発生予測は困難なものの、平時より地震が発...
0505化学装置及び設備

ゲルマニウム水素化物をキャリアとする新しい化学的水素貯蔵技術の開発~省エネ・安全な手法で、水素社会の実現へ~

2023-01-23 東京大学 ○発表者: 砂田 祐輔(東京大学 生産技術研究所 教授) 小林 由尚(東京大学 大学院工学系研究科応用化学専攻 博士課程) ○発表のポイント: ◆毒性のないゲルマニウム水素化物を水素キャリア...
1600情報工学一般

深層学習の原理を説明する新理論~ニューラルネットワークのエネルギー曲面上の滞留現象~

2023-01-24 東京大学 発表者 今泉 允聡(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 准教授) Johannes Schmidt-Hieber(University of Twente, Professor) 発...
99未分類

FAST材を適用した熱電発電モジュールで小電力路車間通信に成功~照明器具などの排熱を利用した自立電源の実用化と普及に見通し~

2023-01-24 新エネルギー・産業技術総合開発機構,物質・材料研究機構 ,株式会社アイシン,茨城大学,アイシン高丘株式会社,岩崎電気株式会社 NEDOの先導研究プログラムで、NIMS、 (株) アイシン、茨城大学、アイシン高丘 ...
1903自然環境保全

急激な海面上昇を乗り切るカギは、マサチューセッツ州の塩性湿地にあるのかもしれません。(The Key to Weathering Rapid Sea-level Rise May Lie in a Massachusetts Salt Marsh)

新しい研究により、沿岸の生息地は十分な土砂がある場合にのみ繁栄することが明らかになりました。 New research shows that coastal habitats can thrive—but only if there’s ...
0500化学一般

科学者たちが、これまでで最も低コストな炭素捕捉システムを発表(Scientists Unveil Least Costly Carbon Capture System to Date)

PNNLの科学者が炭素回収から利益を得る道を切り開き、脱炭素化とネットゼロエミッションへの前進の重要なステップを解き放つ PNNL scientists carve a path to profit from carbon capture...
ad
タイトルとURLをコピーしました