2022-12

0402電気応用

「グレッツェル」太陽電池が新記録を達成 (“Gratzel” solar cells achieve a new record)

2022-10-27 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)(ローザンヌ工科大学) ・ EPFL が、新設計の色素増感型太陽電池(Dye-sensitized solar cells: DSCs)で、直射日光下で 15%超...
0505化学装置及び設備

高価なイリジウムが不要な水電解用触媒 (Rice lab advances water-splitting catalysts)

2022-10-20 アメリカ合衆国・ライス大学 ・ ライス大学、ピッツバーグ大学、バージニア大学、アルゴンヌ国立研究所(ANL)および中国科学技術大学から成る研究チームが、二酸化ルテニウム(RuO2)とニッケルを使用した水電...
1601コンピュータ工学

光を使った深層学習 (Deep learning with light)

2022-12-20 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT、MIT Lincoln Laboratory および Nokia Corporation が、エッジデバイスと機械学習(machine le...
ad
1700応用理学一般

赤外線検出器の超小型化 (Miniaturized infrared detectors)

2022-10-25 スイス連邦材料試験研究所(EMPA) ・ EMPA、チューリッヒ工科大学(ETH Zurich)、スペイン・サラマンカ大学や欧州宇宙機関(ESA)等から成る国際研究チームが、量子ドット(QD)ベースの赤外...
1600情報工学一般

エッジデバイスでの AI モデル学習 (Learning on the edge)

2022-10-04 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT と MIT-IBM Watson AI Lab が、スマートフォンやセンサー等のエッジデバイスでのニューラルネットワーク(NN)機械学習(M...
0501セラミックス及び無機化学製品

ナノ粒子でナノ構造をボトムアップ製造 (Building with nanoparticles, from the bottom up)

2022-12-26 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT が、ナノ粒子の配列と位置を精確に制御して材料表面の損傷等の無いナノ構造をボトムアップ作製する、ナノ粒子コンタクトプリンティング技術を開発。 ...
0501セラミックス及び無機化学製品

低炭素技術の希土類元素依存を低減する「コズミックマグネット」の新しい作製手法 (New approach to ‘cosmic magnet’ manufacturing could reduce reliance on rare earths in lowcarbon technologies)

2022-12-25 英国・ケンブリッジ大学 ・ ケンブリッジ大学、オーストリア科学アカデミー(OeAW)およびレオーベン鉱山業大学が、高性能磁石のテトラテーナイトを合成する新技術を実証。 ・ 高性能磁石は、ゼロカーボン経済...
1700応用理学一般

航空宇宙技術に革新をもたらす高耐熱性のケオティックなカーバイド (Heat-Proof Chaotic Carbides Could Revolutionize Aerospace Technology)

2022-10-11 アメリカ合衆国・デューク大学 ・ デューク大学、イタリア・CNR-NANO Research Center およびペンシルべニア州立大学PennState) から成る研究グループが、チューナブルなプラズ...
1701物理及び化学

SPIDER、南極大陸から打ち上げ。ワシントン大学セントルイス校の科学者チームは、12月21日に初期宇宙を研究する気球搭載の実験装置の打ち上げに成功した。(SPIDER launches from Antarctica.A team of scientists including physicist Johanna Nagy at Washington University in St. Louis successfully launched a balloon-borne experiment studying the early universe on Dec. 21.)

2022-12-21 ワシントン大学セントルイス  ワシントン大学セントルイス校の物理学者Johanna Nagy氏を含む科学者チームは、12月21日に初期宇宙を研究する気球搭載の実験装置の打ち上げに成功しました。SPIDERと呼...
1700応用理学一般

物質の熱伝導率を低減させる新機構を発見~高性能な熱電材料開発の新たな指針に~

2022-12-27 京都大学 物質の熱の伝わりやすさである熱伝導率を制御することは、放熱や断熱といった生活に身近な応用に加えて、電子デバイスの高性能化や自動車等の省エネルギー化、また発電効率や各種の材料特性の向上など、熱に関する様々...
1702地球物理及び地球化学

光を着た電子状態の飛び移りを世界で初めて観測に成功~赤外光パルスによる電子状態制御へ~

2022-12-28 京都大学 内田健人 理学研究科特定助教、草場哲 同研究員(研究当時)、永井恒平 同日本学術振興会特別研究員(研究当時)、田中耕一郎 同教授らの研究グループは、池田達彦 東京大学助教との共同研究によって、2次元半導...
1700応用理学一般

個々のマイクロバブルが従うサイズ変化の法則を解明 ~目に見えない気泡であるナノバブルの安定性解明に期待~

2022-12-28 九州工業大学,九州大学,科学技術振興機構 ポイント 数十マイクロメートルの気泡が多数、分散した水において個々の気泡のサイズの時間変化を予測する法則を解明した。 気泡半径の平均値や分布関数のみを...
ad
タイトルとURLをコピーしました