2023-01-05

1902環境測定

水中のフッ素を簡単に検出できる新しい検査法を開発(Researchers detect fluoride in water with new simple color change test)

人工細胞センサーを用いた環境汚染物質検出実験に世界で初めて成功 Test is first to use artificial cell sensors to detect environmental contaminant 2023-...
0106流体工学

逆回転する円盤の混合系が乱流を引き起こし相分離するしくみを解明

2021-01-05 東京大学 ○発表者: ヒリシケシュ バドラ (インド工科大学 マドラス校 博士課程学生(研究当時:東京大学 工学系研究科 特別聴講学生)) 高江 恭平      (東京大学 生産技術研究所 特任講師) マニ...
0403電子応用

有機半導体デバイスに有用な電子不足パイ電子骨格群を開発~種々のデバイス用途に適材適所で力を発揮する鍵材料として期待~

2023-01-05 東京大学,株式会社ダイセル 発表のポイント ◆電子受容性を示すパイ電子系分子は、種々の有機半導体デバイスにおいて電子輸送を担う重要な有機半導体材料であり、光・電子物性に応じて様々なデバイス特性を示します。 ◆今回...
1700応用理学一般

黒点計数のための汎用黒点自動検出手法の開発

2023-01-04 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 黒点や黒点群の数は、太陽活動の指標の中で、太陽の直接観測で得られるものとしては最も長い蓄積があり、長期にわたる太陽活動変動を知る手がかりとなっています。ただ、そのもとになる黒...
0300航空・宇宙一般

スーパーカムが火星のダストデビルの音声を初収録(SuperCam records first audio of Martian dust devil)

探査機「パーセバランス」の真上を通過した高さ387フィートのダストデビル A 387-foot dust devil passed directly over the Perseverance rover 2023-01-05 ロスアラ...
0403電子応用

ハイブリッドナノ材料は、リンクが多ければ良いというものではない(More links aren’t necessarily better for hybrid nanomaterials)

電荷受容体の添加により、一部の光活性化材料で電子移動が遅くなることが判明 Adding charge acceptors can slow electron transfer in some light-activated materia...
0110情報・精密機器

新しい化学イメージング手法を開発:材料や組織の化学組成を可視化できる技術(UC Irvine scientists create new chemical imaging method:Technology enables visualization of chemical makeup of materials and tissue)

2023-01-04 カリフォルニア大学校アーバイン校(UCI)  カリフォルニア大学アーバイン校の科学者が、電磁スペクトルの中赤外線部分で物質のスペクトル画像を撮影する新しい可視化技術を開発しました。 この発見は、最近Science ...
1902環境測定

地下水中の「永遠の化学物質」の移動に光を当てる研究(Study sheds light on how ‘forever chemicals’ travel in groundwater)

2023-01-04 ペンシルベニア州立大学(PennState)  焦げ付き防止加工のフライパンから防水加工された衣服まで、私たちの生活を向上させるために何十年も使われてきた化学物質の多くは、環境中で容易に分解されず、体内に蓄積されると...
1702地球物理及び地球化学

気候変動がインド洋のダイポールに与える影響、深刻な干ばつや洪水への影響(How climate change impacts the Indian Ocean dipole, leading to severe droughts and floods)

ブラウン大学の研究者が率いる研究では、巨大な氷河から溶け出した氷水が、最終的に東アフリカやインドネシアで干ばつや洪水につながることが示されました。 A study led by Brown researchers showed how m...
1404水産水域環境

「デッドゾーン」が将来の場所と影響を予測する可能性(’Dead Zones’ Could Predict Future Locations, Impacts)

2023-01-04 ノースカロライナ州立大学(NCState)  地球の気候が現在より2〜3度温暖だった鮮新世に存在した海洋の「デッドゾーン」の地図を、研究者らが作成した。この研究成果は、温暖化した地球の海洋で将来発生する低酸素地帯の位...
0403電子応用

指先に載る高性能可視光レーザー(High-performance Visible-light Lasers that Fit on a Fingertip)

量子光学やAR/VR用レーザーディスプレイなどのインパクトのある技術に向けた大きな前進として、コロンビア工学部のリプソン・ナノフォトニクスグループは、赤より短い可視波長用のチューナブルで狭い線幅のチップスケールレーザーを初めて発明した。 ...
0505化学装置及び設備

空気から作るソーラー燃料への一歩(A step towards solar fuels out of thin air)

EPFLの化学技術者たちは、透明で多孔質の新しい電極の上に、空気中の水分を採取して水素燃料に変換することができる、太陽光発電の人工葉を発明した。この半導体ベースの技術は、拡張性があり、調製が容易です。 EPFL chemical engi...
ad
タイトルとURLをコピーしました