ULの研究者がモデル化したシナリオの5%未満でネットゼロを維持(Net zero status maintained in ‘less than 5%’ of scenarios modelled by UL researchers)

ad
ad

2022-09-13 アイルランド・リムリック大学(UL)

リムリック大学の新しい研究により、温室効果ガスの排出量を2050年までに正味ゼロにするという目標を達成することは難しく、維持することはさらに困難であることが明らかになった。
この研究では、アイルランドの2050年目標を達成し、2100年まで維持できる選択肢を特定するため、850通りの土地利用の組み合わせのGHGフットプリントを評価した。
成功するシナリオは、牛群の大幅な減少、植林率の劇的な増加、排水された有機土壌の再湿潤化を必要とする。
最良のシナリオでは、牛の生産量を大幅に減らした場合、乳量は2015年の87%に維持される。また、ネットゼロを達成するためには、高率の植林が不可欠であることも判明した。

<関連情報>

ネットゼロエミッションに向けた国土管理戦略のランダム化 Randomized national land management strategies for net-zero emissions

Colm Duffy,Remi Prudhomme,Brian Duffy,James Gibbons,Pietro P. M. Iannetta,Cathal O’Donoghue,Mary Ryan & David Styles
Nature Sustainability  Published:05 September 2022
DOI:https://doi.org/10.1038/s41893-022-00946-0

Abstract

Global scenario modelling for climate stabilization lacks national resolution, particularly for the agriculture, forestry and other land use (AFOLU) sector, impeding effective national climate policymaking. We generate 850 randomized scenarios of activity combinations for Ireland’s AFOLU sector in the year 2050 and evaluate associated greenhouse gas fluxes to the year 2100. Using a GWP100 ‘net-zero’ greenhouse gas definition, 146 scenarios achieve AFOLU climate neutrality and 38 contribute to national neutrality (a substantial AFOLU sink) by 2050. Just one scenario contributes to national climate neutrality to 2100, reflecting future declines in CO2 removals by new forests (excluding potential downstream mitigation). In the absence of technical solutions to dramatically reduce the emissions intensity of bovine production, national milk and beef output will need to be substantially curtailed to achieve net-zero emissions. Active CO2 removal on destocked land, via organic soil rewetting and ambitious afforestation, could moderate output declines in milk and beef production, reducing international carbon leakage risks.

コメント

タイトルとURLをコピーしました