2022-09-14

1202農芸化学

野生イモの近縁種は、ゼブラチップ病を飼いならすのに役立つか?(Can wild potato relatives help tame zebra chip disease?)

野生ジャガイモの近縁種にゼブラチップ耐性が存在することが明らかに。 Texas A&M AgriLife-led study shows some zebra chip resistance exists in certain wi...
2004放射線利用

分子サイズの世界を明るく照らす超高強度X線集光ビームをX線フラッシュ顕微鏡に応用 ~SACLAにおいて世界最高分解能の2ナノメートルを達成~

2022-09-13 高輝度光科学研究センター,理化学研究所,北海道大学 高輝度光科学研究センター ビームライン技術推進室の湯本博勝主幹研究員、小山貴久主幹研究員、大橋治彦主席研究員、北海道大学の鈴木明大准教授、西野吉則教授、理化学研...
1202農芸化学

トマトの病原菌の感染指標となる植物体内成分の非破壊検出に成功 ~ハイドロゲルを用いたヒトの汗成分の検出技術を植物に応用~

2022-09-14山形大学,農業・食品産業技術総合研究機構 本件のポイント ●病原菌(青枯病菌)感染時にトマトの葉の中に生成される抗酸化物質(抗菌物質)を、葉に貼った寒天ハイドロゲルに染み出させ、UV光の照射により非破壊で蛍光検出する...
1207植物保護

ブドウ・ミカン施設栽培用 天敵を主体とした果樹のハダニ類防除体系標準作業手順書を公開

2022-09-14 農研機構 ポイント 農研機構を代表機関とする農食事業28022Cコンソーシアムは、果樹の難防除害虫ハダニについて、ブドウおよびミカンの施設栽培で利用可能な天敵を主体とした新規で実用的な防除体系(<w天(ダブて...
0403電子応用

素子間の結合による超伝導電流の非局所制御に成功~将来的な超伝導量子計算への応用に期待~

2022-09-13 理化学研究所,科学技術振興機構 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター量子機能システム研究グループの松尾貞茂基礎科学特別研究員、樽茶清悟グループディレクターらの国際共同研究グループは、並列に配置された2本の...
1701物理及び化学

太陽磁場の鞭打ち磁束が太陽風の遅れを説明する可能性(Whip-cracking flux in Sun’s magnetic field could explain slow solar wind)

ソーラーオービターの画像は、交差するプラズマ流が磁場の向きを変えるという説を裏付けている。 Solar orbiter’s images support theory that crossing plasma streams kink m...
1900環境一般

ULの研究者がモデル化したシナリオの5%未満でネットゼロを維持(Net zero status maintained in ‘less than 5%’ of scenarios modelled by UL researchers)

2022-09-13 アイルランド・リムリック大学(UL) リムリック大学の新しい研究により、温室効果ガスの排出量を2050年までに正味ゼロにするという目標を達成することは難しく、維持することはさらに困難であることが明らかになった。 こ...
1602ソフトウェア工学

ニューラルネットワークを比較する新手法が人工知能の仕組みを解き明かす(New method for comparing neural networks exposes how artificial intelligence works)

敵対的な学習により、ネットワークを欺くことが難しくなる Adversarial training makes it harder to fool the networks 2022-09-13 アメリカ・ロスアラモス国立研究所(LANL...
ad
タイトルとURLをコピーしました