名古屋港におけるヒアリの確認について

ad
ad

2020-09-17 環境省

令和2年9月12日(土)及び9月15日(火)に名古屋港でアリ700個体以上が確認され、専門家による同定の結果、特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。

 平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和2年9月17日(木)現在で16都道府県、計57事例です。

1.経緯

/12

名古屋港管理組合が実施する港湾調査のうち名古屋港飛島ふ頭での調査において、調査事業者が臨港道路沿いでヒアリと疑わしいアリ300個体以上を発見し、歩道の割れ目への出入りを確認。

調査事業者が確認箇所周辺に殺虫餌(ベイト剤)を設置。

/14
環境省が専門家に同定を依頼。

/15

環境省中部地方環境事務所及び愛知県、名古屋港管理組合が現地調査を実施。道路に隣接する港湾関係事業者敷地内でも400個体以上のアリの生息と土中への出入りを確認。確認範囲全体に殺虫餌(ベイト剤)を追加設置するとともに粘着トラップを設置。

/16
専門家が当該アリについてヒアリであることを確認。

2.今回確認されたヒアリについて

確認されたアリは、ヒアリの働きアリ700個体以上です。

3.今後の対応

引き続き、発見場所において目視やトラップによる調査及び殺虫餌による防除を、施設管理者等と協力して実施します。

なお、中部地方環境事務所から愛知県、飛島村、港湾管理者等の関係機関に対して、以下を依頼しています。

  • 今回ヒアリの確認があったことから、当該地点及びその周辺の点検等を適宜実施すること
  • ヒアリと疑わしいアリをコンテナや積荷で確認した場合は、密閉等により逸走を防ぎ、完全に駆除等が確認されるまでは移動を避けるよう留意するとともに、その点につき関係者にも徹底を依頼すること
  • 今後、環境省等が実施する調査に協力すること

4.疑わしいアリの発見時の対応について

疑わしいアリを発見された方は、以下に留意するようお願いします。

<事業者の皆様へのお願い>

コンテナの開封時等にヒアリやアカカミアリと疑わしいアリを発見した場合、まずは刺激を避けつつ、コンテナのどの箇所にどの程度の生きたアリ類がいるか等、状況を確認してください。

  1. 多数の生きたアリ類の集団がいる(予想される)場合は、コンテナの扉を閉めて逃げ出さないよう静置してください。そのうえで、関係機関(港湾管理者、地方公共団体、環境省地方環境事務所等)に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。可能であれば、強粘着の布ガムテープでコンテナの目張りをするなど、アリが逃げ出さないよう対応してください。

  2. アリ類が少数しかおらず、逃げ出す恐れのない場合は、市販のスプレー式殺虫剤等でその場で駆除してください。その上で、関係機関に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。

詳しくは、環境省の「ヒアリの防除に関する基本的考え方 Ver.3.0」のP.17~22を参照してください。  

タイトルとURLをコピーしました