3Dスキャンによる雷保護範囲検討手法

ad
ad

2020-03-30 JAXA

落雷対策の必要性

JAXAの事業所の多くは多雷地区(雷被害のリスクが高い地区)にあり、落雷による機器等の故障が年数件発生している状況にあります。

ロケット・衛星関連の建築物が数多く存在する種子島や能代は、とりわけ落雷が多い地区です※1。多雷地区の重要建築物の落雷対策は極めて重要ですが、最も厳しいレベルで保護しても100%落雷から防ぐことはでききません。そのため費用対効果を十分考慮した落雷対策(避雷針・避雷導体・避雷器等)※2の実施が求められています。

※1 参考:雷統計データ(雷ぶらり)

※2 建築基準法第三十三条では、「高さ二十メートルをこえる建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない。ただし、周囲の状況によつて安全上支障がない場合においては、この限りでない。」と定められていますが、JAXAにおいては多雷地区における建築物の重要度を選定し、高さ20m以下の場合でも避雷対策を行っている建築物もあります。

雷保護範囲検討の現状

雷保護範囲は、回転球体法(新JIS基準)や角度法(旧JIS基準)を用いて周辺地面と保護対象物(建築物)の位置関係を確認しながら決定しています。

タイトルとURLをコピーしました