観測の困難な海底下における「ゆっくりすべり」を検出 ~南海トラフ地震発生過程の解明に前進~

ad
ad

2020-01-16   東京大学,海上保安庁

 海上保安庁の海底地殻変動観測データを解析したところ、南海トラフの巨大地震震源域の既存の方法では検出の難しい海底下において「ゆっくりすべり」が発生していたことを示す信号を検出しました。

 信号が検出された地点の位置から、ゆっくりすべりは強固着域の浅部の外側で発生していたと推定されます。

 本研究成果は、南海トラフ巨大地震の発生過程に関する理解や発生のリスクに関する評価を進める上で、重要な知見を提供すると期待されます。

※ゆっくりすべり:通常の地震のように断層が急激にすべることなくゆっくりとすべる現象

 巨大地震の発生帯となるプレート境界では多様なスロー地震現象が発生していることが、主に陸域直下にあたるプレート境界を対象とした GNSS やひずみ計などを利用した高精度な地震・地殻変動観測によって解明されてきました。陸域から遠く離れた海底下でも同様の現象が発生している可能性が示唆されていましたが、観測は非常に困難でした。

 東京大学生産技術研究所海中観測実装工学研究センターの横田裕輔講師と海上保安庁海洋情報部の石川直史調査官の研究グループは、海上保安庁が実施している海底地殻変動観測の過去データの詳細な解析から、海域においてもゆっくりすべりが発生していることを示唆する微小な信号がデータ上に複数表れていたことを検出しました。今回信号が検出された地点の位置から、プレート境界が強く固着していると考えられている領域の浅部の外側ですべりが発生していたと推定されます。

 本研究で得られた成果は、南海トラフ巨大地震の発生過程に関する理解や発生のリスクに関する評価を進める上で、重要な知見を提供すると期待されます。

なお、本成果は電子版米科学雑誌「Science Advances」に1月16日付け(日本時間)で掲載されます。

1.発表者:

横田 裕輔(東京大学 生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 講師)

石川 直史(海上保安庁 海洋情報部 技術・国際課 火山調査官)

2.発表のポイント:

♦ 南海トラフ巨大地震震源域の海底下における新たな「ゆっくりすべり」を検出しました。

♦ ゆっくりすべりは強固着域の浅部の外側で発生していたと推定されます。

タイトルとURLをコピーしました