完璧なプライバシーテクノロジーと虹を追うこと(Perfect privacy technology and chasing rainbows)

ad
ad

2022-06-02 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)

EPFLの新しい論文では、プライバシー保護メカニズムに関する多くの約束は決して果たされることはなく、私たちはこの固有の限界を受け入れ、不可能を追い求めない必要があると論じている。
新しい論文は、「データをよりオープンに共有するという需要が急速に高まっているため、安全でプライバシーを保護する共有テクノロジーが必要になっています。ただし、プライバシーを保護するユニバーサルなデータ共有メカニズムの開発には複数の課題があり、既存のソリューションはまだその期待に応えられません。」としている。

<関連情報>

プライバシーを守るデータ共有の仕組みの模索が失敗している理由
Why the search for a privacy-preserving data sharing mechanism is failing

Theresa Stadler & Carmela Troncoso
Nature Computational Science  Published:21 April 2022
DOI:https://doi.org/10.1038/s43588-022-00236-x

The rapidly growing demand to share data more openly creates a need for secure and privacy-preserving sharing technologies. However, there are multiple challenges associated with the development of a universal privacy-preserving data sharing mechanism, and existing solutions still fall short of their promises.

Data-driven innovation is promised to bring enormous benefits for all, such as improved healthcare via personalized medicine, or better governmental services and more efficient and greener industrial production via data-driven resource allocation. Wide-spread access to data and the ability to use it are hence considered essential for future innovation and growth1,2.

タイトルとURLをコピーしました