「だいち2号」による平成30年北海道胆振東部地震の観測結果について

ad
ad

2018/09/10 JAXA

概要

  • 平成30年北海道胆振東部地震について、国土交通省等の要請に基づき2018年9月6日に「だいち2号」による観測を実施した。
  • 観測結果は関係省庁や自治体などに提供された。
  • 観測画像からは、多数の土砂崩壊が発生している状況が見られた。
  • (9月10日追記)9月8日の4偏波モードの観測データを用いて土砂災害箇所を抽出した。

2018年9月6日3時7分頃(日本時間、以下同じ)に発生した北海道胆振東部地震について、JAXAは 国土交通省などからの要請に基づき「だいち2号」(ALOS-2)搭載の合成開口レーダ「PALSAR-2」による 緊急観測を行い、データを関係省庁、防災関係機関等に随時提供しました。
表1に今回の観測の概要を、図1に観測範囲を示します。

表1:だいち2号(ALOS-2)による観測の概要

観測日時(日本時間)軌道番号観測モード軌道方向観測方向
(1)2018年9月6日 11:41頃18Stripmap 3m南行軌道右(およそ西向き)U2-7
(2)2018年9月6日 22:38頃116Stripmap 3m北行軌道左(およそ西向き)U2-9
(3)2018年9月8日 23:19頃122Stripmap 6m北行軌道右(およそ東向き)FP6-4

※観測偏波:3mモードはHH偏波、6mモードは4偏波(HH、HV、VH、VV)。

タイトルとURLをコピーしました