2018-09-12

スポンサー
1801細胞遺伝子工学

遺伝子導入により、HIV感染の拡大が抑制されるマクロファージをヒトiPS細胞から作成することに成功

遺伝子導入を行ったヒトiPS細胞を分化誘導し、転写型遺伝子サイレンシングによるヒト免疫不全ウイルス(HIV)不活化機構を有するマクロファージを作成することに成功した。
1801細胞遺伝子工学

成熟度合いを可視化した巨核球株を用い、血小板産生を促進する薬剤を探索

iPS細胞からレポーター巨核球株を作出し、血小板産生効率を定量的に評価可能なスクリーニングシステムの開発と候補薬剤の同定に成功した。
90医学

内視鏡検査で大腸ポリープ・癌を自動検知する人工知能(AI)を開発

人工知能(AI)によりポリープ・癌をリアルタイムで検知し、医師による病変の発見をアシストする大腸内視鏡検査支援システムを開発した。
1801細胞遺伝子工学

自閉スペクトラム症と統合失調症:2つの精神疾患における発症メカニズムのオーバーラップを発見!

自閉スペクトラム症(ASD)と統合失調症の患者を対象にゲノムコピー数変異を全ゲノムで解析した結果、発症に関与する病的意義をもつCNV(病的CNV)と生物学的なメカニズムに関して、両疾患に重複する部分が存在することを明らかにした。
1801細胞遺伝子工学

ゼブラフィッシュにおける簡便な複数sgRNA発現方法の開発

複数のsgRNAを一つの転写産物から効率よく産生する手法をゼブラフィッシュにおいて開発し、黒色の色素がなくなるアルビノのトランスジェニックゼブラフィッシュ(Tg-albino)を作出することに成功した。
0301機体システム

世界初!太陽観測ロケット実験FOXSI-3、太陽コロナからの軟X線を集光撮像分光観測することに成功!!

FOXSI-3は、最高到達高度約300kmの弾道軌道で約15分間飛翔し、「活動領域」、「静穏領域」、「太陽の北極域」といったX線輝度の異なる3つの太陽コロナ領域を、約6分間観測した。
0301機体システム

トピックスタッチダウン1リハーサル1(TD1-R1) のスケジュール

はやぶさ2の1回目のタッチダウンを10月下旬に計画しているが、それに向けた1回目のリハーサルを9月10日から12日にかけて行う。
2100総合技術監理一般

平成30年(2018年)北海道胆振東部地震に関する情報(2018/09/12)

平成30年(2018年)北海道胆振東部地震に関する情報。9月11日までの最新の追加情報を含む
1204農業及び蚕糸

スーダン稲作振興能力強化プロジェクト

ODA(Capacity Building Project for Promotion of Rice Production)稲作推進に係る関係機関の調整システムを整備し、イネ保証種子供給システムの確立を行う。
0401発送配変電

ラオス電力系統マスタープラン策定プロジェクト

ODA(Project on Power System Master Plan)電力系統設備計画と系統運用制度の整備を含めたマスタープランを策定し、安定した電力供給および近隣国との電力取引の促進に貢献。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました