微小な化石を新たな手がかりに、北海道東部の地質を解明

ad
ad

5万分の1地質図幅「網走」を刊行しました

2018/08/10 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構,国立研究開発法人 産業技術総合研究所,国立大学法人 茨城大学

地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 環境・地質研究本部 地質研究所(以下、道総研地質研究所)と、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター(以下、産総研地質調査総合センター)地質情報研究部門、国立大学法人 茨城大学(以下、茨城大学)は共同で、網走地域において行った地質調査結果をまとめた5万分の1地質図幅「網走」(著者:川上 源太郎・廣瀬 亘・長谷川 健・林 圭一・渡辺 真人)を作成しました。

7月27日より、産総研地質調査総合センターから刊行しています。

最新の研究や地質調査に基づいた高精度の地質図ですので、北海道東部の土地利用資源探査減災対策、美しい景観を楽しみつつ学ぶジオツアーなど、さまざまな目的にご活用ください。

地質図幅とは

地質図は、地層や岩体がどこにどのように広がっているかを表した地図で、土地のなりたち、地質災害の傾向などを読み取ることができる、国土の基本情報の一つです。地質図幅とは緯度経度で区切られた地質図で、中でも5万分の1地質図幅は、日本列島を約1300の地域に分割して地域ごとに実施した詳細な地質調査をまとめた、社会的・学術的に最もニーズが高い地質図です。地質図は、土木建築、減災、観光、資源探査など幅広い分野で、最初に参照される資料として活用されています。

成果の概要

図

網走地域は、北海道東部から千島列島に広がる地質が典型的に分布しています。オホーツク海やその周辺での地下資源に関する研究などを進めていく上で重要な地域ですが、詳細な地質図があるのは網走市周辺など一部地域に限られ、地形や地質の解明は進んでいませんでした。そこで平成23年度から28年度にかけて、道総研地質研究所・産総研地質調査総合センター・茨城大学が詳細な地質調査を共同で行いました。その結果、エネルギー資源探査や、地形・地質を活かした観光を展開していく上で役に立つ、いくつもの貴重な成果が得られました。

網走地域から北見周辺には能取(のとろ)層という地層が分布しているとされていましたが、プランクトン化石(珪藻、渦鞭毛藻)を調べたところ、分布しているのは能取層よりも100~300万年新しいとされていた呼人(よびと)層と、1000万年以上古いとされていた常呂(ところ)層という2つの異なる時代の地層であることがわかりました。オホーツク海やその周辺における石油や天然ガスなどの資源探索に不可欠な、地質構造解明の鍵となる重要な成果です。

また、延長1.7 kmにわたって続く柱状節理の崖や、屈斜路カルデラから流れてきた厚い火砕流堆積物などの素晴らしい露頭も見つかりました。日本各地で近年活発なジオツアーを網走地域でも展開していく上で、貴重な景観資源として活用できます。

今後の北海道の発展、豊かな地域作りのために、「網走」図幅の成果をご活用ください。

※「網走」図幅作成の経緯や調査結果の詳細については、添付資料をご覧ください。

「網走」図幅は8月10日より委託販売を開始します。詳細は以下のサイトをご覧下さい。
https://www.gsj.jp/Map/JP/purchase-guid.html(産総研地質調査総合センターのサイト)
詳しくはこちらへお問い合わせください。
地方独立行政法人 北海道立総合研究機構(道総研)環境・地質研究本部 地質研究所
E-mail: gsh-planning*ml.hro.or.jp(*を@に変更して送信下さい。) TEL: 011-747-2420 FAX: 011-737-9071
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 企画本部 報道室
E-mail: press-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。) TEL: 029-862-6216 FAX: 029-862-6212

タイトルとURLをコピーしました