分子の立体構造から血圧の調節メカニズムの一端を解明~少しの違いで大違い~

ad
ad

2020-01-22 京都大学

 浅田秀基 医学研究科特定講師、岩田想 同教授、井上飛鳥 東北大学准教授らの研究グループは、血圧の調節に重要な生理活性ペプチドホルモンであるアンジオテンシンII(AngII)が結合した2型アンジオテンシンII受容体の立体構造を明らかにしました。

 AngIIは血圧を調節する作用を持つ生理活性ペプチドホルモンであり、アンジオテンシンII受容体(ATR)と結合することで血圧を調節することが知られています。そのため、AngII、およびATRは高血圧症の治療薬の重要な標的となっています。これまで、本研究グループはAngIIの類似体が結合した2型アンジオテンシンII受容体の構造を決定しましたが、AngIIが結合した構造は未知のままでした。

 今回、このAngIIが結合した構造を明らかにし、AngIIの類似体が結合した構造との比較から、細胞外の情報が細胞内へ伝わるメカニズムの一端を明らかにすることに成功しました。本研究成果は、血圧が調節されるメカニズムの一端を立体構造から明らかにするもので、高血圧症に対する理解をより深めることが期待されます。

 本研究成果は、2019年12月30日に、国際学術誌「Structure」に掲載されました。

図:本研究で解明した2型アンジオテンシンII受容体(膜タンパク質)のX線結晶構造

詳しい研究内容について
書誌情報

【DOI】 https://doi.org/10.1016/j.str.2019.12.003

Hidetsugu Asada, Asuka Inoue, Francois Marie Ngako Kadji, Kunio Hirata, Yuki Shiimura, Dohyun Im, Tatsuro Shimamura, Norimichi Nomura, Hiroko Iwanari, Takao Hamakubo, Osamu Kusano-Arai, Hiromi Hisano, Tomoko Uemura, Chiyo Suno, Junken Aoki, So Iwata (2019). The Crystal Structure of Angiotensin II Type 2 Receptor with Endogenous Peptide Hormone. Structure.

タイトルとURLをコピーしました