ガラス固化技術開発施設におけるガラス固化処理について

スポンサーリンク

2019-07-05 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所

当機構は、核燃料サイクル工学研究所 東海再処理施設 ガラス固化技術開発施設(TVF)において、高放射性廃液のガラス固化処理を実施する予定ですので、お知らせいたします。

                   記

  1. (1)今回の処理期間

    開始時期:令和元年7月8日~(予定)
    ※熱上げの状況により、変動する可能性あり

    終了時期:令和元年11月中旬(予定)

  2. (2)今回のガラス固化体の製造本数
    50本(予定)
  3. (3)今回のガラス固化処理のために行った主な準備作業
    • 両腕型マニプレータ等の遠隔機器の整備
    • ガラス溶融炉内の残留ガラスの除去
    • 工程制御装置等の設備の高経年化対策

(添付資料)

ガラス固化技術開発施設(TVF)の工程概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク