2005放射線防護

2005放射線防護

原発事故後10年間の森林土壌中の放射性セシウム動態を解明~ほとんどが鉱質土層表層に移動し、留まり続ける~

2022-11-22 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント 福島第一原子力発電所の事故後、10年間調査を行い、森林土壌中の放射性セシウム(セシウム137)の分布や動きを明らかにしました ほとんどの放射性セシウム...
2005放射線防護

地衣類中で放射性セシウムが保持される仕組みを明らかに~環境中のセシウムの動態解明に寄与~

2022-09-15 日本原子力研究開発機構,法政大学,国立科学博物館 【発表のポイント】 地衣類とは、藻類と共生している菌類の総称です。これまでに地衣類は、放射性セシウムを長期間保持すると言われてきました。しかし、「どの部位」...
2005放射線防護

福島第一原子力発電所事故による除去土壌等最終処分の社会受容性を調査~手続き的公正さと分配的公正さの重要性が明らかに~

2022-08-24 産業技術総合研究所 ポイント 放射性物質を含む除去土壌などの福島県外最終処分の社会受容性についてウェブアンケートを実施 受け入れが決められた経緯、処分場の数、処分される物質の濃度や物量について選好を調...
ad
2005放射線防護

原子炉からの微弱な放射性ガス拡散の動画撮像に成功~放射能拡散のオンライン可視化に成功~

2022-05-15 京都大学 谷森達 理学研究科教授(現:名誉教授)、高田淳史 同助教らの研究グループは2017年に世界初の放射線の3成分の1つであるガンマ線の完全可視化技術を開発し、Cs汚染のガンマ線撮像を報道しました(2017年...
2005放射線防護

固溶体化が燃料デブリの「その後、」を決める 〜核燃料デブリの安全な保管や処理・処分に関わる新たな化学的知見〜

2022-06-13 東北大学多元物質科学研究所,日本原子力研究開発機構,京都大学 【発表のポイント】 東京電力(株)福島第一原子力発電所(以下、「1F」)の事故後の炉内に存在する核燃料デブリ(注1)を安全に取り扱うためには、そ...
2005放射線防護

廃炉で発生するアスベストの処理処分へ道筋~クリアランスされたアスベスト廃棄物の被ばく線量評価を実現~

2022-06-01 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 原子力発電所の廃止措置(廃炉)に伴って発生する放射性廃棄物のうち、その放射能濃度が低く、人の健康への影響がほとんどないものについて、国の認可・確認を得て、普通の廃...
2005放射線防護

高レベル放射性廃液中の元素を光で選別、分別回収の革新的原理を実証~デザインされた光により、光反応の元素選択性と反応性を両立させることに成功~

2022-05-20 日本原子力研究開発機構,大阪公立大学,レーザー技術総合研究所 【発表のポイント】 高レベル放射性廃液に含まれるアクチノイドやランタノイドと呼ばれる元素群は化学的な性質(イオン半径)がほぼ同じため、通常の化学...
2005放射線防護

「その場」で測定 ! 燃料デブリ取り出し作業で発生する放射性物質~空気中のα粒子のリアルタイム・モニタリングによる作業者の安全性向上へ~

2022-05-19 日本原子力研究開発機構,弘前大学 【発表のポイント】 東京電力ホールディングス株式会社(以下、「東京電力」)福島第一原子力発電所(以下、「1F」)で今後始まる燃料デブリ取り出し作業※1では、作業員の内部被ば...
2005放射線防護

母なる大地の分子を超えて、放射性金属を狙う(Going beyond Mother Nature’s molecules to target radioactive metals)

2022-05-16 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の科学者とペンシルベニア州立大学の共同研究者は、核廃棄物に含まれる特定の放射性元素や核医学で使用される物質を標的にするのに...
2005放射線防護

β線とγ線を同時に識別測定できる新型サーベイメータを開発

2022-05-10 東芝エネルギーシステムズ株式会社,東芝電力放射線テクノサービス株式会社 東芝エネルギーシステムズ株式会社及び東芝電力放射線テクノサービス株式会社(以下、東芝グループ)は、β線とγ線が混在する環境下で、それらを同時...
2005放射線防護

建物を考慮した詳細な放射性物質の拡散計算に基づく線量評価を初めて実現

個々の建物の影響を受けた風の流れを考慮した高分解能大気拡散計算(LOHDIM-LES)と建物の遮蔽効果を考慮した線量率評価(SIBYL)および都市大気拡散の高速計算が可能な計算コード(CityLBM)を統合した局所域高分解能大気拡散・線量評価システム「LHADDAS」を開発し、無償公開します。原子力施設の安全審査における風洞実験に代わる現実的な評価、原子力事故時の施設内外作業員の被ばく線量評価、都市域での放射性物質拡散テロ対応など、幅広い活用が期待されます。
2005放射線防護

福島の森林樹木の放射性セシウム汚染は今後どうなるか?新開発の計算モデルで汚染メカニズムを解明し将来予測を可能に

放射性物質の動きを詳細に予測する計算モデル「SOLVEG-R」により、1F事故による放射性セシウムで汚染された森林について樹木の木部の汚染のメカニズムを明らかにするとともに、観測データがない森林における木部の濃度の変動予測を可能にしました。
ad
タイトルとURLをコピーしました