2005放射線防護

電離放射線はギブサイトとベーマイトを分解から安定化させる(Ionizing Radiation Stabilizes Gibbsite and Boehmite against Decomposition) 2005放射線防護

電離放射線はギブサイトとベーマイトを分解から安定化させる(Ionizing Radiation Stabilizes Gibbsite and Boehmite against Decomposition)

2024-06-28 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) この研究では、ガンマ放射線がギブサイトとブーマイトの熱力学的安定性にどのように影響するかを調査しました。放射線照射後もこれらの材料の組成や形態には変化がありませんでし...
亀裂内の広い範囲の地下水の流れやすさを簡便に推定する方法を開発~地下水流動の解析の効率化や精度向上に貢献~ 2005放射線防護

亀裂内の広い範囲の地下水の流れやすさを簡便に推定する方法を開発~地下水流動の解析の効率化や精度向上に貢献~

2024-06-12 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 地下水流動の解析では、亀裂内の広い範囲の地下水の流れやすさを定量的に推定する技術が必要です。岩盤中の亀裂内の広い範囲の地下水の流れやすさは、直接計測できる亀裂内の狭い範囲の地...
セラミック金属複合材料: 核廃棄物固定化の可能性(Ceramic Metal Composites: Possibilities for Immobilizing Nuclear Wastes) 2005放射線防護

セラミック金属複合材料: 核廃棄物固定化の可能性(Ceramic Metal Composites: Possibilities for Immobilizing Nuclear Wastes)

2024-05-24 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) アメリカの電力の約20%を占める無炭素の核エネルギーの一部として、PNNLの研究者たちは、核プロセスからの放射性廃棄物を固定化するためにセラミック-金属(cermet...
ad
超伝導技術で可視化する微量ウランの真の分布状態~環境中のさまざまな微量元素の移行挙動把握への期待~ 2005放射線防護

超伝導技術で可視化する微量ウランの真の分布状態~環境中のさまざまな微量元素の移行挙動把握への期待~

2024-04-09 立教大学,日本原子力研究開発機構,東京大学,理化学研究所,量子場計測システム国際拠点(WPI-QUP, KEK),大阪大学,岡山大学,明治大学,高輝度光科学研究センター 概要 原子力発電用燃料として用いられるウラン(U...
きのこ原木の放射性セシウム濃度が調査区内でどのようにばらつくのかを解明~放射性セシウム濃度の予測に重要な基盤情報~ 2005放射線防護

きのこ原木の放射性セシウム濃度が調査区内でどのようにばらつくのかを解明~放射性セシウム濃度の予測に重要な基盤情報~

20024-04-05 森林総合研究所 ポイント きのこ原木用広葉樹の放射性セシウム濃度*1を予測する際には、個体の放射性セシウム濃度のばらつき幅は、調査区内(20~40m四方程度)では一定とみなしてよいことを明らかにしました。 調査区あた...
世界初、原発から放出された放射性セシウム原子の可視化に成功~福島第一原発炉内に残るデブリの性状把握に繋がる新たな知見~ 2005放射線防護

世界初、原発から放出された放射性セシウム原子の可視化に成功~福島第一原発炉内に残るデブリの性状把握に繋がる新たな知見~

2024-04-03 九州大学 ポイント 福島第一原子力発電所から放出された放射性セシウムの動態を詳細に把握することが必要ですが、濃度が非常に低いために放射性セシウム原子の可視化はこれまで困難でした。 本研究では、メルトダウン時に原子炉内で...
大地の謎に迫る!土中に含まれる金属の秘密とは?~分子スケールのシミュレーションと観測が解き明かす土の性質~ 2005放射線防護

大地の謎に迫る!土中に含まれる金属の秘密とは?~分子スケールのシミュレーションと観測が解き明かす土の性質~

2024-02-13 日本原子力研究開発機構, 東京大学 大学院理学系研究科,大阪大学放射線科学基盤機構,東京大学 アイソトープ総合センター 【発表のポイント】 放射性廃棄物については、保管のリスクを低減するため、地中深くに埋設することが検...
全面マスク用マグネット固定方式メガネを開発・発売~全面マスクを使用する様々な施設での利活用が可能に~ 2005放射線防護

全面マスク用マグネット固定方式メガネを開発・発売~全面マスクを使用する様々な施設での利活用が可能に~

2023-03-01 日本原子力研究開発機構,株式会社コクゴ 発表のポイント】 全面マスク装着時は、マスクの接顔部と顔面との間の気密性が低下するのを防ぐため、メガネをかけないのが一般的でした。このため、全面マスクを用いる作業に従事する作業者...
原発事故後10年間の森林土壌中の放射性セシウム動態を解明~ほとんどが鉱質土層表層に移動し、留まり続ける~ 2005放射線防護

原発事故後10年間の森林土壌中の放射性セシウム動態を解明~ほとんどが鉱質土層表層に移動し、留まり続ける~

2022-11-22 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント 福島第一原子力発電所の事故後、10年間調査を行い、森林土壌中の放射性セシウム(セシウム137)の分布や動きを明らかにしました ほとんどの放射性セシウムが、時間の経過と共に鉱...
地衣類中で放射性セシウムが保持される仕組みを明らかに~環境中のセシウムの動態解明に寄与~ 2005放射線防護

地衣類中で放射性セシウムが保持される仕組みを明らかに~環境中のセシウムの動態解明に寄与~

2022-09-15 日本原子力研究開発機構,法政大学,国立科学博物館 【発表のポイント】 地衣類とは、藻類と共生している菌類の総称です。これまでに地衣類は、放射性セシウムを長期間保持すると言われてきました。しかし、「どの部位」で、「どのよ...
福島第一原子力発電所事故による除去土壌等最終処分の社会受容性を調査~手続き的公正さと分配的公正さの重要性が明らかに~ 2005放射線防護

福島第一原子力発電所事故による除去土壌等最終処分の社会受容性を調査~手続き的公正さと分配的公正さの重要性が明らかに~

2022-08-24 産業技術総合研究所 ポイント 放射性物質を含む除去土壌などの福島県外最終処分の社会受容性についてウェブアンケートを実施 受け入れが決められた経緯、処分場の数、処分される物質の濃度や物量について選好を調査 回答者は、放射...
原子炉からの微弱な放射性ガス拡散の動画撮像に成功~放射能拡散のオンライン可視化に成功~ 2005放射線防護

原子炉からの微弱な放射性ガス拡散の動画撮像に成功~放射能拡散のオンライン可視化に成功~

2022-05-15 京都大学 谷森達 理学研究科教授(現:名誉教授)、高田淳史 同助教らの研究グループは2017年に世界初の放射線の3成分の1つであるガンマ線の完全可視化技術を開発し、Cs汚染のガンマ線撮像を報道しました(2017年2月3...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました