乾式法によるガラス固化体の還元分解技術を開発

ad
ad

2019-03-19  東芝エネルギーシステムズ株式会社,科学技術振興機構,内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

ポイント
  • 長期にわたる地層処分に対して、可逆性・回収可能性を考慮したプロセスを考案。
  • 高レベル放射性廃棄物の処分環境とは全く異なる条件下での研究。
  • 高レベル放射性廃棄物であるガラス固化体の網目構造を破壊し、有用元素を抽出し資源化へつなげる。
  • 長寿命核種の核変換と組み合わせることで、地層処分場の設計の柔軟性を高める。

東芝エネルギーシステムズ株式会社は、酸化物を溶融塩注1)中で金属に還元する技術をもとに、ガラス固化体注2)からの長寿命核分裂生成物(LLFP)注3)核種を含む4つの元素を取り出す技術※)を考案しました。これにより、二次廃棄物の発生が少なくなることが見込まれます。

本研究は、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「核変換注4)による高レベル放射性廃棄物注5)の大幅な低減・資源化」(プログラム・マネージャー 藤田 玲子)の一環として実施しました。上記プログラムでは、廃棄物から有用元素を回収し資源として利用する方法や、高レベル放射性廃棄物からLLFP核種を取り出して短寿命核種もしくは安定核種に核変換することにより放射能を減らす方法を開発しています。ガラス固化体中には、半減期が数十万年以上もあるパラジウム(Pd)、セシウム(Cs)、セレン(Se)、ジルコニウム(Zr)などの元素の同位体が存在し、高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化を目指すためには、これらを取り出す必要があります。

タイトルとURLをコピーしました