2019年03月22日一覧

脳のネットワークを視る新しい技術

超解像顕微鏡の手法の1つである構造化照明法を用いて、神経細胞のつなぎ目であるシナプスの形態、特に樹状突起スパイン(スパイン)と呼ばれる構造の表面形状をナノスケールで解析する技術を開発した。

原子炉運転中の燃料のふるまいを計算で再現

安全性評価に関する研究の一環として、燃料を長期間原子炉内で利用する際の安全確保で重要となる温度上昇や変形、放射性を持つ核分裂生成物の放出量などを予測できる解析コード」を大幅に改良し、平成31年3月22日付で無償公開した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク