2019年03月27日一覧

オートファジー遺伝子の縮小進化

マラリア原虫やトキソプラズマのような寄生虫や一部の酵母では、ATG12とATG5が非共有結合による複合体として機能していることを発見した。オートファジー遺伝子も進化の過程で大きく変化し得ることを明らかにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク