苫小牧港におけるヒアリの確認について

ad
ad

2018/08/23 環境省

環境省では、国土交通省の協力のもと、特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が生息する国と地域からの定期コンテナ航路を有する全国68 港湾における調査を昨年に続き7月より順次実施しています。
そのうちの北海道苫小牧港での調査において、8月16 日に設置したトラップで捕獲したアリ(2個体)について、専門家による同定の結果、8月23 日にヒアリと確認されましたので、お知らせします。
当該トラップが回収された地点の周辺においては、殺虫餌(ベイト剤)及びトラップを設置しています。
昨年6月の国内初確認以降、これまで国内でのヒアリの確認事例は8月23 日(木)現在で 14 都道府県、計36 事例です。

1. 発見場所

北海道苫小牧国際コンテナターミナル

2. 今回確認されたヒアリについて

環境省が国土交通省の協力のもと実施している68 港湾におけるヒアリ調査のうち、
北海道苫小牧での調査において、8月16 日に設置したトラップにヒアリと疑われるア
リを確認したため、同定を専門家に依頼したところ、8月23 日にヒアリと確認されました。
・確認した個体数:働きアリ2個体、確認時に既にどちらも死亡
・トラップ設置日:8月16 日
・トラップ回収日:8月17 日
・トラップ検鏡日:8月22 日
・発見した状況:コンテナヤード内のコンクリート面に設置した粘着トラップ100 個
のうち1個にて、ヒアリと疑わしいアリ2個体を発見
・対応:ヒアリが捕獲された地点周辺に、北海道地方環境事務所(以下、北海道事務
所)によってトラップ及び殺虫餌(ベイト剤)を設置

3.今後の対応

捕獲場所及びその周辺では、北海道事務所及び苫小牧港管理組合が殺虫餌(ベイト
剤)及びトラップを設置しています。引き続き、発見場所周辺において環境省、北海道
及び港湾管理者等と連携して調査を実施します。
なお、北海道事務所から、北海道、港湾管理者等に対しては、以下を依頼していま
す。

タイトルとURLをコピーしました