日本内陸部のストレスマップをオンライン公開~内陸部で発生しやすい・誘発されやすい地震断層の特徴を解明~

ad
ad

2022-06-14 産業技術総合研究所

ポイント

  • 膨大な微小地震データのAI処理から断層の特徴を分析し、日本列島にかかるストレスの向きを推定
  • 日本各地で起きやすい内陸地震を類型化
  • 内陸直下型地震の被害予測に必要な想定地震のモデル化に貢献

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)活断層・火山研究部門 地震テクトニクス研究グループ 内出 崇彦 上級主任研究員、椎名 高裕 研究員、今西 和俊 副研究部門長は、日本列島内陸部にかかるストレスの向きについて、日本列島規模の大局的な傾向から約20 km規模(マグニチュード7クラスの断層長に相当)の地域的な特徴まで知ることができるストレスマップを作成した。

このストレスマップの作成を可能にしたのが、AIを活用した地震波形ビッグデータ処理による21万件余りに及ぶ微小地震の震源メカニズム解の解析である。ストレスは地震発生の原動力となることから、このストレスマップは、地表の痕跡が不明瞭で活断層の存在が知られていない場所でも、どのようなタイプの地震が発生し得るかがわかる。巨大地震による誘発地震の発生可能性の評価にも有用である。なお、この成果の詳細は2022年6月14日に米国の学術誌「Journal of Geophysical Research Solid Earth」にオンライン掲載される。このストレスマップは、2022年6月17日に地殻応力場データベース(https://gbank.gsj.jp/crstress/)で閲覧することができるようになる。

タイトルとURLをコピーしました