粒子線がん治療装置向け照射装置の小型化実現に前進

ad
ad

2022-05-18 東芝エネルギーシステムズ株式会社

このたび、当社と共同研究先である株式会社ビードットメディカル(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:古川 卓司、以下ビードットメディカル社)が開発した、陽子線がん治療装置向け照射装置のビーム試験が、大阪大学核物理研究センターで実施され、陽子線を指定した角度から1点に照射できることを確認できました。これにより、粒子線がん治療装置向けのコンパクトな新型照射装置の実現に前進しました。

粒子線がん治療装置の一部である回転ガントリーは、360°全方向から照射が可能な自由度の高い装置ですが、電磁石を用いて高エネルギーの粒子線を輸送・制御する必要があり、また電磁石ごと回転させる構造のため、装置の小型化が困難でした。

当社はこのような背景の中、超伝導技術を応用して重粒子線がん治療装置の小型化を進めてきました。当社で開発した超伝導回転ガントリーのさらなる小型化を目的として、2019年度よりビードットメディカル社と共同研究を行い、粒子線がん治療装置向け小型照射装置を開発してきました。
その結果、超伝導技術を利用して、電磁石を回転させる機構を必要とせず、粒子線を様々な角度から1点に導くことができる照射装置を実現しました。

当社が超伝導技術を用いて小型化を実現してきた粒子線がん治療装置は、今回開発した技術を応用することにより、さらなる小型化が可能となります。これにより粒子線がん治療装置の導入に必要な建物の大きさや、導入コストが大幅に軽減されます。

当社は、今後も積極的な技術開発で質の高いがん治療の実現に貢献してまいります。

※粒子線がん治療:

放射線がん治療の一種で、重粒子線治療や陽子線治療などがある。一般的な放射線がん治療であるX線治療と異なり、粒子を加速して照射する治療法で、ピンポイントで正確な照射が可能。

ビードットメディカルとは

会社名
株式会社ビードットメディカル

所在地
〒134-0003 東京都江戸川区春江町5-10-10

代表者
代表取締役社長 古川卓司

設立
2017年3月1日

事業内容
陽子線がん治療装置の開発
粒子線がん治療に関わるコンサルティング等

会社HP
https://bdotmed.co.jp/

ビーム試験を行った治療装置(画像)

ニュースリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました