2022-05-27

2001原子炉システムの設計及び建設

無機絶縁物を利用した硬質ケーブルの均一薄膜めっき技術を開発 〜イーター計測装置のみならず、加速器など高周波環境下の幅広い分野への応用も期待〜

2022-05-27 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 核融合実験炉イーターの計測装置の研究開発を通じ、硬質線材の全長にわたる均一かつ高精度(±1ミクロン)で薄膜を実現するめっき技術を新たに開発。 この技術は、高エ...
1701物理及び化学

多波長観測が解き明かす遠方宇宙の星形成活動の終焉~銀河の成長を妨げたのはブラックホールか?~

2022-05-26 国立天文台 すばる望遠鏡などの観測データから選び出された、約100億年以上前の遠い過去に星形成を終えた多数の銀河(周囲の拡大パネル内の赤色の天体)。これらの天体を、さまざまな望遠鏡を用いた多波長域の探査観測「...
0505化学装置及び設備

3Dを瞬時に:Jia研究室、次世代型オルガノイドイメージングシステムを開発(3D in a Snap: Jia Lab Develops Next Generation System for Imaging Organoids)

2022-05-25 ジョージア工科大学 Shu Jiaの研究室で開発された、実験室で培養された組織の動的な3D情報を1枚の画像に収めることができる新しいシステムで撮影された大腸オルガノイドの画像です。生画像は0.1秒で撮影された。色...
1701物理及び化学

量子カオスの中にコヒーレンスを見いだす(Finding coherence in quantum chaos)

理論的なブレークスルーにより、実験室での実験、量子コンピューター、ブラックホール研究に必要な量子カオスの操作に道筋が示された Theoretical breakthrough creates path to manipulating qu...
1702地球物理及び地球化学

海底ケーブルが海洋モニタリングに変革をもたらす(Subsea cables could transform ocean monitoring)

海底に敷設された通信ケーブルが、地震や津波、気候変動の影響を検知するのに適応できる可能性がある。 Telecoms cables on the sea floor could be adapted to detect earthquake...
ad
タイトルとURLをコピーしました