2022-05-13

1702地球物理及び地球化学

2022年1月トンガ噴火に伴う地球規模の津波発生と伝播メカニズムを解明~火山噴火による新しい津波研究が必要に~

2022-05-13 防災科学技術研究所,東京大学地震研究所 国立研究開発法人防災科学技術研究所(理事長:林 春男)と東京大学地震研究所(所長:佐竹 健治)は、2022年1月に発生した南太平洋トンガ諸島のフンガ・トンガ-フンガ・ハアパ...
1702地球物理及び地球化学

十和田火山の巨大噴火を引き起こしたマグマの蓄積深度が明らかに

2022-05-12 産業技術総合研究所 ポイント 高温高圧実験の結果から巨大噴火を起こしたマグマの蓄積深度を5〜7 kmと推定 推定深度は十和田火山の地下における地震波速度の遅い領域の深度と一致 カルデラ火山におけ...
0505化学装置及び設備

家庭用・業務用エアコンへの適用が期待できる低GWP(地球温暖化係数)冷媒の自己分解反応の抑制に成功

2022-05-13 新エネルギー・産業技術総合開発機構,東京大学 NEDOと東京大学大学院新領域創成科学研究科は、「省エネ化・低温室効果を達成できる次世代冷媒・冷凍空調技術及び評価手法の開発」の一環で、家庭用・業務用エアコンへの適用...
0505化学装置及び設備

ペットボトル原料製造過程における難分解性廃水の効率的な処理に成功~異なる組成の廃水を意図的に混ぜて微生物の相互作用を促進して環境を守る~

2022-05-13 産業技術総合研究所 ポイント ペットボトル原料製造の廃水で浄化が難しい芳香族化合物を、異なる工程の廃水を意図的に混合することで、微生物による分解を促進することに成功 難分解成分の一つ、オルソフタル酸の...
0505化学装置及び設備

遷移金属不使用の触媒を用いて大気濃度CO2から合成ガスを製造する技術を開発~CO2を原料とした液体燃料や化学品製造の実現に前進~

2022-05-13 産業技術総合研究所 ポイント 遷移金属を使用せず、CO2吸収と一酸化炭素への還元という二つの機能を持つ二元機能触媒を開発 大気中の低濃度のCO2でも効率よく吸収し、CO2の分離や濃縮工程なしで合成ガス...
1701物理及び化学

天の川銀河中心のブラックホールの撮影に初めて成功

2022-05-12 国立天文台 史上初の天の川銀河中心のブラックホールの画像。これは、私たちが住む天の川銀河の中心にある巨大ブラックホール、いて座A*の姿を初めて捉えた画像です。この天体がブラックホールであるということを初めて視覚的...
0108交通物流機械及び建設機械

フル充電から急速充電へ(From Full Fare to Fast Charging)

よりクリーンで静かな電気自動車にシフトするニューヨークのハイヤーに対応するため Preparing for New York’s Shift to Cleaner, Quieter Electric Cars for Hire 2022...
0505化学装置及び設備

核廃棄物処理のスピードアップにはサイズが重要(Size Matters for Speeding Up Nuclear Waste Cleanup)

革新的な分離技術は、幅広い産業分野での利用が期待される Innovative separation technology may have broad industrial uses 2022-05-12 アメリカ・パシフィック・ノース...
1702地球物理及び地球化学

限りなく大きい。クラカトアに匹敵するフンガ火山(As big as it gets: Hunga volcano comparable to Krakatoa)

2022-05-12アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 2022年1月のトンガのフンガ火山の噴火は、21世紀最大の火山噴火であり、1991年のピナトゥボ山の噴火以降で最大の記録となりました。 ローレンス・リバモア国立研究...
1701物理及び化学

銀河の中心にあるブラックホールの初画像が公開される(Astronomers reveal first image of the black hole at the heart of our galaxy)

2022-05-12 フィンランド・アールト大学 First image of the black hole at the centre of the Milky Way. Credit: EHT Collaboration 天...
ad
タイトルとURLをコピーしました