2022-04

0403電子応用

スキルミオンが台頭-新しい2次元材料が低電力コンピューティングを進化させる(Skyrmions on the Rise – New 2D Material Advances Low-Power Computing)

エキゾチックな磁気特性をもつ新材料が、次世代の小型高速電子デバイスを実現する可能性 New materials with exotic magnetic features could enable the next generation ...
1206農村環境

農業用温室効果ガスの排出削減に役立つ新しい研究成果(New study could help reduce agricultural greenhouse gas emissions)

知識誘導型機械学習を用いて農業用亜酸化窒素の予測精度を向上させる Researchers use knowledge-guided machine learning to boost accuracy of agricultural ni...
0503燃料及び潤滑油

煤がエネルギー転換に役立つと考える研究者たち(Researchers Think Soot Can Help with the Energy Transition)

2022-04-27 ヒューストン大学(UH) 環境汚染物質を再生可能な太陽エネルギーに変換し、二酸化炭素排出量を削減することは、SF映画から飛び出してきたような話かもしれませんが、ヒューストン大学とメキシコのミチョアカン州文化交流大学の...
0502有機化学製品

タンパク質から自己組織化論理回路を作ることに成功(Researchers Create Self-Assembled Logic Circuits From Proteins)

2022-04-28 ノースカロライナ州立大学(NCState) ・自己組織化されたタンパク質ベースの回路を作成し、簡単な論理機能を実現する概念実証に成功しました。 ・この研究は、量子スケールでの電子の性質を利用した安定したデジ...
0403電子応用

シリコンカーバイド変調器、30年来の”ミッシングブロック”を克服(Silicon-carbide modulator overcomes three-decades long ‘missing block’)

変調器は量子通信に使える可能性がある Modulator could be used in quantum communications 2022-04-27 ハーバード大学 電気光学変調器は、電気信号を光キャリアにエンコードする装置...
1702地球物理及び地球化学

気候変動により崩壊する恐れのある氷河を特定するモデル(Model pinpoints glaciers at risk of collapse due to climate change)

2022-04-28 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) カリフォルニア大学バークレー校の科学者は、氷河の動きに関する改良されたモデルを作成し、北極と南極にある氷河が急速に下降して海に落ちる可能性が最も高い場所を特定するのに役立てる...
0102材料力学

レーザーを用いた超音波診断により、金属3Dプリンターで欠陥を生み出す形状を検出(Laser-based ultrasound detects defect-producing features in metal 3D printing)

2022-04-28 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の研究者は、一般的な金属3Dプリントプロセスにおいて、メルトトラックのオンデマンド特性評価と欠陥の形成を検出できる新しい...
1700応用理学一般

超低エネルギーで分子の回転を止める新しい方法を開発(SWANSEA RESEARCHERS DEVELOP NEW METHOD TO STOP A MOLECULE FROM ROTATING USING ULTRA-LOW ENERGY)

2022-04-28 スウォンジー大学 スウォンジーの研究者たちは、超低エネルギーで分子の回転を止める新しい方法を開発し、分子と表面の相互作用に新たな光を当てました。 このほど、Gil Alexandrowicz教授が率いる化学科の表面...
0403電子応用

不可能と思われていた「一方向性超伝導体」を発見(Discovery of the one-way superconductor, thought to be impossible)

2022-04-28 オランダ・デルフト工科大学(TUDelft) ・デルフト工科大学のマザール・アリ准教授とその研究グループは、1911年の発見以来、これまで不可能とされてきた磁場を使わない一方通行の超伝導を発見しました。 ・この発見...
1204農業及び蚕糸

サツマイモ基腐病の発生生態と防除対策 標準作業手順書

2022-04-28 農研機構 カテゴリ: 畑作 標準作業手順書(SOP) 病害虫・鳥獣害 タイトル: サツマイモ基腐病の発生生態と防除対策 標準作業手順書 発行年月日: 2022年4...
ad
タイトルとURLをコピーしました