2022-05-06

1700応用理学一般

巨視的な遷移における速度限界の発見~連続の式に基づく統一的アプローチ~

2022-05-06 理化学研究所 理化学研究所(理研)開拓研究本部非平衡統計力学理研白眉研究チームの濱崎立資理研白眉研究チームリーダー(数理創造プログラム上級研究員)は、「巨視的な遷移」を伴うような物理的過程において有用となる「速度...
0505化学装置及び設備

光を用いて量子流体の渦を可視化 ~見えない渦を見る~

2022-05-05 大阪大学,大阪公立大学,科学技術振興機構 ポイント 超流動ヘリウムという量子的性質を持つ流体中の渦(=量子渦)を、光技術によって半導体シリコンナノ粒子を用いて可視化することに成功。 自然界にあ...
0505化学装置及び設備

UHの研究者が海水からグリーン水素への変換に成功(UH Researchers Make Inroads in Converting Seawater to Green Hydrogen)

2022-05-04 ヒューストン大学(UH) Zhifeng Ren (right), M.D. Anderson chair professor and director of The Texas Center for Sup...
1603情報システム・データ工学

交通モデルをより効率的にする方法を研究者が発見(Researchers Find Way to Make Traffic Models More Efficient)

2022-05-05 ノースカロライナ州立大学(NCState) Photo credit: Ryoji Iwata. ノースカロライナ州立大学の研究者たちは、特定の時間や場所における交通量を予測するモデルを用いて、信号のパターンか...
0402電気応用

機械学習による電池寿命の予測に成功(Researchers now able to predict battery lifetimes with machine learning)

この技術により、電池の開発コストを削減することができる。 Technique could reduce costs of battery development. 2022-05-05 アルゴンヌ国立研究所(ANL) 米国エネルギー省...
0505化学装置及び設備

NRELの科学者が再生可能な水素製造方法を進歩させる(NREL Scientists Advance Renewable Hydrogen Production Method)

2022-05-05 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL) NRELの科学者たちは、水素製造経路に焦点を当て、太陽熱化学水素(STCH)製造と呼ばれる新しい水分解技術について分析しました。この技術は、一般的に使用されている電気分解...
1601コンピュータ工学

量子コンピュータの飛躍が一時停止、旧型デバイスが優秀に(Quantum computing leap paused as older devices excel)

量子コンピュータが古典的なコンピュータが不可能とする問題を解決できるようになる瞬間「量子アドバンテージ」は、まだ少し先の話である。 Quantum advantage – the moment when quantum computers...
0400電気電子一般

単一光子放射体、量子技術に一歩近づく(Single photon emitter takes a step closer to quantum tech)

2022-05-05 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 量子テクノロジーに近づくためには、一度に1個の光子を放出することができる光源を開発し、それを必要に応じて使用することが必要です。 EPFLの科学者たちは、室温で動作し、コ...
ad
タイトルとURLをコピーしました